ベルリッツは、アメリカ発の130年以上もの歴史をもつ世界的に有名な語学学校。

特に、ビジネス英語をきちんと身につけたい人の人気は根強い。

料金は決して安くはないが、講師の質が高く、英語の上達を見込めるために満足度は高い。

 

そんなベルリッツの短期集中コースに行くとしたら、きっとあなたは、何かしら急いで英語を学ばなければならない理由を持っていることだろう。

そんな時は、焦って入学して後悔しないように、ベルリッツの短期集中コースの特徴(素晴らしい点)と、気になる懸念事項(注意点)を事前にチェックしておこう。

ベルリッツ短期集中コースの特徴、素晴らしい点は?

ベルリッツの短期集中コースが素晴らしい点、特徴についてチェックしていこう。

目的にあわせたカスタマイズレッスン

ベルリッツの短期集中コースの素晴らしい特徴の一つは、なんといってもビジネスに特化したカスタマイズレッスンだろう。

例えば、あなたの業種や職種、また使いたいビジネスシーン別にあわせたカスタマイズレッスンが30以上も用意されているので、そこから自分に最適なレッスンを選んで受講することが可能だ。

短期間に集中して英語を習得したい人にとっては、これだけでもかなりの最短距離を行くことができそうだ。

自由予約制だから、自分のスケジュールにあわせて通える

ベルリッツでは、自由予約制をとっているので、何曜日のこの時間から、といった縛りはない。

例えば、平日の夜だけ通いたい人や、平日と土日を組み合わせたりすることも可能だ。

具体的なスケジュールイメージは、こちらをみてほしい。

(ベルリッツ公式サイトより)

こちらは、1ヶ月集中の「平日コース」を受講した時のイメージだ。

1ヶ月で20レッスンの場合なので、平日は2レッスンのみ。

かなり余裕を持って取り組めそうになっている。

 

(ベルリッツ公式サイトより)

またこれは、平日と土日をあわせた場合のイメージだ。

こちらは、1ヶ月で40レッスンを受けた場合のイメージなので、平日4レッスンと土曜日に6レッスンのレッスンを受けることになる。

仕事にあわせて振替や複数教室の受講が可能

 

仕事が急に忙しくなって、ベルリッツに行けそうにない時も、別の日程に振り返ることもできる。

また、平日はオフィス近くのベルリッツに通い、土曜日は自宅近くのベルリッツに通うことも可能だ。

実際に通っていた人の評判を見ても、好評だ。

◆40代男性◆

仕事が忙しい中でも、振り替えも含めて柔軟に対応していただいたので、仕事には無理なく、けれど1つ1つ確実に必要な英語スキルを身につけられ、安心して赴任の日を迎えました。

 

また、このほかにも、「1日だけの集中コース」なども用意されており、ベルリッツならあなたの受講したい目的にあわせて内容をカスタマイズしてくれそうだ。

では、次に、ベルリッツ短期集中コースに通うことの懸念事項、注意点をチェックしていこう。

ベルリッツ短期集中コースの懸念事項、注意点は?

ベルリッツの短期集中コースに行く前にチェックしておきたい懸念事項、注意点をチェックしよう。

アウトプット過多、インプット不足になりがち

ベルリッツでは、基本的に1回40分のネイティブスピーカーとのレッスンで学習が進められる。

つまり、学習のほとんどが、「英語による会話」なのである。

 

しかし、当たり前だが、知らない英文や英単語を、いきなり話すことも聞き取ることも不可能だ。

 

英語をアウトプットする場合、当然事前にインプットされたものでないと使えるようにならない。

 

このように、ベルリッツの場合、どうしてもアウトプット過多になりやすく、レッスン以外に自分でインプットする努力をしないと目覚ましい成長にはつながりにくい。

レッスン以外に、毎日、自分で学習が必須

英語を学習する際、毎日コツコツ継続することが大切だと聞いたことがあるだろう。

 

それは本当のことで、1日英語学習を休むだけでも英語脳は少し衰えてしまうのだ。

短期集中で英語を上達させたいなら、なおさら、毎日の英語学習は必須だと思った方がいい。

 

ベルリッツ短期集中コースの場合、レッスンは週2〜4回といったところだ。

つまり、レッスンが無い日は、自分で努力して英語学習をしなければならない。

週2〜4回のレッスンだけでは、短期間での目覚ましい英語力上達は望めないだろう。

自分で学習スケジュール、進捗管理をする必要がある

ベルリッツの場合、レッスンスケジュールは自由に予約できるし、調整も可能だ。

 

しかし、それらを管理するのは全て自分だ。

進捗が予定よりも遅れていたり、レッスンを通して、上達が思ったよりも見込めていない状況だとしても、そこでレッスンスケジュールを見直すのは、自分でしなければならない。

もちろん相談はできるが、何もしなければそのままレッスンは進められてしまうことになる。

ベルリッツでは、自分で自分の英語学習進捗を、俯瞰した視点で管理する必要があるだろう。

ベルリッツの懸念事項を解消したいなら

ベルリッツ短期集中コースには、次のような懸念事項、注意点があった。

ベルリッツ短期集中コースの懸念事項
  1. アウトプット過多、インプット不足になりがち
  2. レッスン以外に、毎日、自分で学習が必須
  3. 自分で学習スケジュール、進捗管理をする必要がある

これらの懸念事項を解消して、短期間で英語力を上達させたいのであれば、もう少しインプットにも重点を置いて学習を進める必要がある。また、毎日学習をするように習慣づけることも必須だろう。

 

仕事が忙しい中、こうした英語学習を継続させ、すべての学習進捗を管理するのは大変なことだが、短期間で英語を上達させたいのであれば、多少の努力が必要なのは致し方ない。

 

もし、こうした注意点を自分で解消していくのが不安であれば、自分専属のコーチがついて英語学習を管理してくれる「コーチング系英会話スクール」に通う方が有利だ。

コーチング系英会話スクールの中でも、「PROGRIT(プログリット)」なら、たった2ヶ月という短期間でビジネス英語をかなり上達させることができると人気急上昇中だ。

 

PROGRIT(プログリット)は、マッキンゼー出身者がつくったビジネス英語特化スクール。

英語学習を独自の理論でかなり論理的に仕組み化しており、学習への納得感が高いと評判だ。

 

スケジュールも、あなたの要望があれば1ヶ月間に短縮するなど、カスタマイズが自由だ。

プログラムは、目的や状況にあわせて全てオーダーメイドのカリキュラムを組んでくれ、学習には、自分専属のコンサルタントがついてくれて、的確なアドバイスをくれ見守ってくれる。

 

PROGRIT(プログリット)なら、ベルリッツの懸念事項を解消できる。

ベルリッツの懸念事項 PROGRIT(プログリット)なら
アウトプット過多、インプット不足になりがち →インプットも重点的に学習

アウトプットとインプットの配分を専属コンサルタントが調整

レッスン以外に、毎日、自分で学習が必須 →基本的に毎日学習、計画は提示される

その全てを専属コンサルタントが確認、アドバイスをくれる

自分で学習スケジュール、進捗管理 →学習進捗は専属コンサルタントと確認

適宜、必要に応じて、専属コンサルタントがスケジュールを修正

 

専属コンサルタントは、TOEICスコアもハイレベルで、さらにビジネス経験もある。

これだけ強い味方がそばにいてくれたら、短期集中で英語力を上達させることができるようになる。

 

料金も、ベルリッツとほぼ同程度の金額で受講可能だ

しかも、オンライン対応もしているので、スクールに通えない人でも受講できる。

 

一度、相談にいってみるといいだろう。

無料で受けられるカウンセリングが、有料級のコンサルティングのように役立つと評判だ。

 

PROGRIT(プログリット)の公式サイトをチェックする

 

 

短期間しか時間がなくても、濃密な時間を過ごすことで、英語力は上達できる。