最短で英語を習得したい。

 

そんな状況に追い込まれている人もいるだろう。

もし今あなたが、そんな状況に追い込まれているとしたら、この記事を読んでみてほしい。

最短で英語を習得するのに必要な時間は?

使える英語を身につけようと思ったら、普通なら、どんなに短くても1年間は必要だ。

それも、週に1回のレッスンなどで身につくはずも無く、1日3時間程度の学習が必要になる。1日3時間、「毎日」学習して、ようやく1年後には使える英語が身につくようになるのだ普通だ。

 

しかもそれは、「正しい方向性の努力」がされた場合の話である。

もし、学習の内容が大幅に間違っていたら・・・、悲しすぎるが、1年頑張っても使える英語は身につかないだろう。

 

 

さらに、もしかしたらあなたには、1年間というような猶予は無いのかもしれない。

もっと、より短期間で英語を身につける方法は無いのだろうか?

 

もし、そうであるならば、「徹底的に効率的な学習法」を取り入れ、それをできる限りの「圧倒的な時間」をかけて学習するより他に無い。

最短で英語を習得する学習法は?

あなたは、今、大変に忙しいかもしれない。そして「最短で」英語を身につけたいと思っているなら、次のような学習法のポイントを取り入れてみてほしい。

その1)最低限の英単語を覚える

内心、「出た!」とか「やっぱりか」と思うかもしれない。

 

しかし、英単語を知らなければ会話が成り立つはずがない。最低限の単語は覚える必要がある。特に、自分が必要としている分野の単語に絞って紹介されている単語集を選ぶといいだろう。

 

ビジネスで問題なく会話をするには、およそ1万語程度の単語を覚えたいところだが、まずは5000語程度から目指して学習するといい。

 

コツは、単語だけをみるよりも「一連の語」として覚えることだ。文章として覚えるのが難しければ、少し装飾するだけでいい。

例えば、形容詞を覚えたいとしたら、「○○なトイレ」とか、「○○な壇蜜」といった風に名詞と組み合わせて覚えるのがコツだ。覚えたいのが名詞だとしたら、そこに形容詞を足すといい。例えば、「臭い○○」とか、「麗しい○○」とかそういう具合だ。頭にイメージ映像が浮かんだら忘れにくい。

 

単語学習は、ほかの学習法と並行して行い、決してこれだけに集中しないことも忘れてはいけない。

その2)中学レベルの英文法を覚える

中学レベルの文法をなんとなく覚えている人は、このステップは不要だ。

 

すっかり忘れ去ってしまった人だけ、ざっと読んで思い出す程度で良い。ここは、さらっと流す感じで、どんどん先に進もう。

もし、学習している途中で疑問がわいたら、その時にまた見返す程度で問題ない。

その3)英文を音読する

「音読」というステップはかなり重要なので、できるだけ多くの時間を割いてほしい。

 

まずは、ネイティヴが実際に同じ文章を読んだ音声を聞きながら音読するようにしよう。

そのことで、ネイティヴの発音やリズム感を体で覚えていくことができる。

 

何を読むかは、あなたの現在のレベルによるが、英単語をいちいち調べることなく、どんどん先に進むことを優先してほしい。

 

単語がわからなくても、何度も読むうちに、文意は理解できるようになるから大丈夫だ。

しかし、一文の中の8割近くもわからない単語だと、さすがに本当に何を言っているかわからず逆効果なので、わからない単語は半分以下、2〜3割くらいがいいだろう。ここで重要なのは、できるだけ多く音読する機会をもつことなので、少しレベルを下げてどんどん読むことを重視してもいい。

 

読み方は、ネイティヴの後に繰り返して読む「リピーティング」をしたら、次にネイティヴの発音を追いかけながら読む「シャドーイング」をする方法で、何十回も同じ文章を読むようにする。

その4)アウトプットの場を持つ&完璧にこだわらない

次は、インプットしたものをアウトプットする場を設けることだ。

 

アウトプットの場だけを用意しても英語は上達しないので、必ずインプットを多くする必要があるのが重要だ。

 

これはスカイプレッスンでも、英会話教室でもいい。

ネイティヴ相手でもいいし、日本人相手でも、ここは好みでいいだろう。ネイティヴの場合は、ネイティヴの発音や、外国人に慣れるといった良さがあり、日本人の場合は、安心感があったり間違いを指摘してくれた時のわかりやすさがあるだろう。

 

完璧にしゃべる必要は全くない。恥ずかしさを捨てて、とにかくしゃべりまくる場をつくろう。

その5)コーチをつける

「最短」コースで英語を習得したいなら、専属コーチをつけるに限る。

 

これが、最も早く、そして間違いなく英語を身につける方法だ。

経済的に許されるなら、自分専属のコーチについてもらうのが一番いいだろう。

 

コーチについてもらうメリットは、次のようなものがある。

専属コーチがつくメリット
  • あなたに最適の学習プランを組み立ててくれる
  • 学習の進捗を管理してくれ、必要な助言をくれる
  • 英語のわからない点を教えてくれる

 

つまり、専属コーチがいれば、あなたはもう

  • 学習法が間違っていないか、不安にならなくていい。
  • 毎日の勉強が面倒だからといって、投げ出さなくなる。
  • よくわからないまま暗記するといったことがなくなる。

 

あなたは、もう英語の学習に関することで悩まなくてよくなるのだ。

 

あなたは、ひたすら英語学習に没頭することができるようになる。

 

たった2ヶ月間でも、結果を残すことができる実力派のコーチが揃っているのが「PROGRIT(プログリット)」だ。

彼らは、短期間で英語力をあげるためのプロだ。

これまでにも、忙しい人達のスケジュールをみながら英語学習の時間を確保させ、確実に英語力を上げさせてきた。

 

次は、あなたの番だ。

 

2ヶ月後の新しい自分に出会ってみないか。

 

カウンセリングは無料なので、一度行ってみるといい。

PROGRIT(プログリット)の公式サイトをチェックする

 

 

PROGRIT(プログリット)では、スクールに通えなくてもオンライン対応も可能だ。

あなたの新しい未来のために、今、始めよう。