TOEICを短期間で200点アップしたいが、可能なのだろうか?

 

結論から言うと、可能だ。

これまでにも多くの人々が短期間のうちに、短い人では、たった2ヶ月程度でTOEICスコア200点アップを達成しているのである。

では、どのようにして、それを成し遂げたのだろうか?

TOEICスコアを短期間のうちに200点アップするコツをチェックしていこう。

TOEICスコアを短期間で200点アップするコツ

短期間でTOEICスコア200点アップするというのは、可能とはいえ簡単にできることではない。

 

さらに言うと、当たり前だが300点を500点にするのと、700点を900点にするのでは、必要な学習量や学習内容が変わってくるだろう。

 

そうはいっても、以下にあげるTOEICテストスコアアップのコツは、どのレベルの人にも共通で効果が期待できる方法になっているのでチェックしていこう。

TOEICスコアアップのコツ
  • リスニングパーツを鍛える
  • 文法をおさえる
  • 模試を繰り返し行う
  • 毎日2〜3時間の学習をする

この内容を行えば、短期間でTOEICスコアを200点アップするのも夢ではない。

それぞれについて詳しく見ていこう。

リスニングパーツを鍛える方法

リスニングパーツは、リーディングパーツよりも英語の内容がやさしいので、慣れれば高得点を狙えるようになる。

 

リスニング力を上げるには、遠回りなようだが「英文を声に出して読む」ことが有効だ。

英語というのは「しゃべれない内容は聞き取れない」ようにできていると思っていい。

つまり、どんな音で構成されているか自分でも知っているから聞き取れるのであって、自分で発音できないものは聞き取ることができないのだ。

 

リスニング力を上げるためには「シャドーイング」が有効になってくる。

シャドーイングというのは、ネイティヴの発音から1テンポ遅れてついていく方法で、独特のリズム感や、音のつながりなどをそのまま体感できる。

そのために、自分で「音読」をするよりも数倍、効果が高い。

 

ネイティヴの発音をひたすら聞き続けることでも、初めのうちは耳が慣れて英語が聞き取れるようになるかもしれない。

しかし、その後はシャドーイングをすることでより効果的に聞き取れるようになるので試してみてほしい。

文法をおさえる方法

文法は、学習するほど点数を上げやすいパートなので、積極的に取り組んでほしい。

さらに文法力が上がると、結果として、リスニングや長文読解にも役立つので底上げも期待できる。

 

そんな英文法は、基本的な内容を覚えることが大切だ。

特に「中学レベル」の英文法なくして、TOEICスコアアップはのぞめない。

 

中学レベルの英文法を簡単におさらいして、あとはTOEIC用の問題集を解くのがオススメだ。

その際、何冊も解くよりも、1〜2冊の問題集を、間違えがなくなるまで解く方が効果が期待できる。

模試を繰り返し行う

TOEICテストの形式や時間に慣れることは、スコアアップを狙うなら当然必要になる。

 

模試を用意し、実際のテストと同じようにしっかりと時間をはかって挑戦しよう。

 

また、大事なのは模試を解き終わった後になってくる。

しっかりと間違えた内容をチェックし復習しよう。

模試は数冊用意し、それらをぐるぐると繰り返し解いていくようにするといい。

毎日2〜3時間の学習をする

短期間でTOEICスコア200点アップを狙うなら、毎日2〜3時間は学習時間をキープしたい。

 

TOEICスコア200点をアップするのは、そう容易ではない。

また、英語というのは、ある日突然できるようになったりもしないのだ。本当に、薄皮をはぐように少しずつ成長していくしかない。

それを短期間でスコアアップさせるのであれば、当然、それなりの努力が必要になってくる。

 

出勤前の30分、往復の通勤2時間、ランチタイムに30分、これでもう3時間になる。

 

「時間はつくるもの」だ。

隙間時間をやりくりして、英語学習の時間を設けよう。

どうしてもつらい日でも、30分だけ努力しよう。1日休むと、せっかく積み上げた感覚を取り戻すのに倍の時間が必要になる。

短期間でTOEIC200点アップまとめ

短期間でTOEIC200点アップを狙うには、こうしたコツがあった。

  • リスニングパーツを鍛える
  • 文法をおさえる
  • 模試を繰り返し行う
  • 毎日2〜3時間の学習をする

これらを頑張ることは、相当の自制心が必要になってくる。

自分を律して、毎日決めたことをコツコツできるということは並大抵のことではない。

 

もし、これらを自分ひとりで実践するのが不安なら、自分だけのコーチをつけることも得策だ。

コーチに頼らずに英語ができるようになれば、それは一番理想的だし自慢できることかもしれないが、目的は「TOEICスコアを上げること」だ。

 

TOEIC200点アップするのに、コーチに頼らずに2年かかる場合と、コーチに頼って3ヶ月で達成するのでは、どちらがいいのか、よく考えてみるのもいいだろう。

 

TOEICスコアを短期間であげたいなら、「トックンイングリッシュ」の専属コーチが優秀だ。

彼らは、日本で苦労しながら英語を身につけてきた人たちで、どこに力を入れたらスコアが上がるか熟知している。

ビジネス経験がある人たちだけに、彼らの教え方は論理的で納得できる。

 

迷ったら、実際に見てみるのがいいだろう。

 

カウンセリングは無料。あなたの英語、どこが弱点かを教えてくれる。

トックンイングリッシュの公式サイトをチェックする

 

TOEICのスコアアップ、本気で狙うなら今すぐ行動しよう。