シェーン英会話の評判ってどうなんだろうか?

 

シェーンといえば、イギリス英語が学べる英会話スクールというイメージだが、実際に通った人たちの声はどんなものだろう。

 

シェーン英会話の良い評判と悪い評判をそれぞれチェックしていこう。

シェーン英会話の良い評判は?

まずは、シェーン英会話の良い評判をチェックしていこう。

丁寧で、資格のあるイギリス人講師から学べる!

◆30代男性◆

シェーンは、イギリス英語をウリにしています。

私が教わったイギリス人講師はきちんとした資格を持った方で、優しく丁寧で礼儀正しい感じで好感を持てました。

シェーンには、やはりイギリス人が多いようだ。

本場のイギリス英語が学べるのが売りらしい。

しかも、この男性が言うには、英語指導資格講師を持った講師で、しかも礼儀正しく優しいと好感を持ったという。

 

 

間違いを指摘してくれる先生&英会話が楽しめる先生に習った!

◆30代女性◆

ふたりの先生に習いました。ひとりは丁寧に授業を進め、間違った箇所を正確に直してくれ、もうひとりは英会話を楽しめるように話をしてくださいました。

この女性は、タイプの違う2人の先生に習って、それぞれの良さを受けていたようだ。

このように、自分で気に入った先生を選べるのも好評だ。

 

 

学習計画などは日本人に相談できる!

◆30代女性◆

学習計画や学習時に関しての相談は、日本人の担当が常駐しているので何でも気軽に相談できます。

したがって要望などは日本語で聞けるのが安心です。

シェーンには、外国人講師だけではなく、日本人もいて相談等を行うことが可能だ。

細かい質問や要望などは、日本語でできるのはありがたい点だろう。

 

 

勧誘されることもない!

◆女性◆

生徒がかなり前向きなケースが多いからかもしれませんが、勧誘されているような印象や、買わされているような圧迫感がありません。

比較的若い方が事務対応をしていますが、落ち着いて業務をこなしている感じがして、教室全体の雰囲気を損ないません。

英会話スクールに多いのが、追加レッスンや教材などを勧めてくる勧誘だ。

シェーンの場合は、特に勧誘がひどいという評判はなく、その受講生に必要なものを勧めているという印象のようだ。

 

 

シェーンの良い評判のポイント
  • イギリス人講師から英語が学べる
  • 間違いを指摘してくれる先生も楽しく英会話ができる先生もいる
  • 学習計画は日本人に相談できる
  • 勧誘されることもない

シェーン英会話の悪い評判は?

次に、シェーン英会話の悪い評判についてチェックしていこう。

先生がよく変わる・・・

◆男性◆

どの先生でも楽しく英語を学べる授業内容でした。

しかし、先生が変わりすぎです。1年通った間に担当の先生は4回は変わりました。

この男性によると、シェーンでは先生が頻繁に変わるという印象のようだ。

気に入った先生がいても、こう頻繁に変わってしまうのは残念だ。

 

 

先生やレッスン数が少ない・・・

◆男性◆

先生やレッスン数が少ないのが少しネックでした。

先生を変えたいため相談しましたが、他の曜日のレッスンが空いていなかったため変更が出来ませんでした。

この男性は、希望のレッスン数が少ないというコメントを残している。

自分の希望の先生で、希望の内容のレッスンを受けるというのは簡単ではないかもしれない。

 

 

レベルの低い人と一緒のレッスンだとあまり話せない・・・

グループレッスンの場合、レベルの低い方と一緒になってしまうとその方にすごく時間をとられてしまうのが残念でした。

私ももっと発言したいのですが、話しがぜんぜん先に進まず気がつくと終了。もっと時間を有効に使いたかったです。

これはほかの英会話スクールにもよくある話だが、レベルが低い人とレッスンが一緒になってしまうとあまり話せなくなるというコメントだ。

最初のレベル分けが少し甘めかもしれない。

 

 

シェーンの悪い評判のポイント
  • 先生がよく変わる
  • 先生やレッスン数が少ない
  • レベルの低い人と一緒のグループレッスンだとあまり話せない

 

以上が、シェーン英会話の良い評判と悪い評判だ。

 

こうして見てみると、それほどひどい評判は無さそうだ。

自分の通いやすい場所にあり、気に入った先生がいるのであれば通ってみてもいいかもしれない。

 

この際、1点、注意点がある。

それは、英会話スクールというのは、もともと「アウトプット」の練習の場として利用するものだということだ。

 

つまり、インプット練習は自分でコツコツ行わないと、英語力が同じようなレベルのまま上達しないものなのだ。

シェーンが気に入ったら、通ってみるといいが、その際あわせて個人学習をコツコツと続けることを忘れないようにしたい。

 

自分でコツコツ頑張るのがつらい人は、個人学習の管理までしてくれる専属コーチスタイルの学校を選ぶのもいいだろう。