社会人になってから、英語学習をやり直そうと思いたった時「何から始めたらいいのか」迷うこともあるだろう。

 

そんな時は、まず次の内容をチェックしてみよう。

社会人のやり直し英語は何から始めるか

社会人のやり直し英語は、次のような内容をおさえていくと成功しやすい。

社会人のやり直し英語は「何から」やるか?
  • 英語を学ぶ目的を明確にする
  • 英文法は中学レベルの内容をおさえる
  • 目的にあわせ「何をしないか」決める

ここがまず最初のポイントになってくる。それぞれについて詳しくチェックしよう。

英語を学ぶ目的は何か?

まず、あなたが英語を学ぶ目的はなんだろうか。

 

即座に頭に浮かんだだろうか?

そしてそれは、具体的なものだったろうか?

例えば、「あいつに負けたくない」といったものでもいいが、それだけでは足りない。

「あいつに負けたくない。だから自分は英語で取引先といい関係をつくり、協力してくれる会社を見つけ出して契約を取る。」とか、その先の具体的な未来についても明確にイメージすることが大切だ。

どんな内容でもいいが、とにかく細かくイメージすることが大切なのだ。

 

そのイメージを持ち、そこに向かって頑張るのだと再認識することが英語勉強の成果にもつながってくる。

具体的にイメージしたら、それを紙に書き、見えるところに貼り、何度でも心に刻もう。

 

ここから、社会人の英語学習の全てが始まる。

英文法は中学レベルの内容をおさえる

社会人が久しぶりに英語の学習を始める場合、まずは「英文法」の確認をしたい。

 

といっても、本格的に英文法の勉強をする必要はないかもしれない。

まずは書店に行き、中学レベルの英文法の教材を開いてみて、ざっと目を通し、すっかり忘れているようなら一読しよう。

なんとか覚えていそうであれば、英文法を学ぶよりも、精読や音読をしたほうがいいだろう。

 

いずれにしても、中学レベルの英文法ができないようでは始まらないので、まず何から勉強するか迷ったら「中学レベルの英文法」ができるかどうか、チェックしておこう。

目的にあわせ「何をしないか」決める

社会人は、仕事で成果を出すのが本業だ。

英語の勉強ばかりできるわけではない。

 

仕事で疲れた日には、英語の勉強なんていう面倒なことはしたくなくなるのも当然だ。

そんな忙しい社会人にとって、無駄なことをしている余裕はないのだ。

なるべくしなくていいことには手を出さず、最高のパフォーマンスをあげることに注力したい。

 

あなたの身につけたい英語の内容にあわせて、「しないこと」を決めよう。

例えば、ビジネスメール中心に仕事で使いたいのであれば、「英会話」や「リスニング」に力を入れるのはやめよう。

また、ビジネス会話を中心に身につけたいのであれば、TOEIC対策のような学習も必要ないし、読む・書くといった力も必要ない。

 

社会人が、まず何から英語を学んでいいか迷ったら、目的にあわせて「何をしないか」決めよう。

英語学習、何から?まとめ

社会人が英語学習に取り組む時、何からやったらいいか迷ったら、まずこれをするといい。

社会人のやり直し英語は「何から」やるか?
  • 英語を学ぶ目的を明確にする
  • 英文法は中学レベルの内容をおさえる
  • 目的にあわせ「何をしないか」決める

 

これらの内容を、自分だけで進めていく自信がない時は、英語コーチをつけるのも得策だ。

あなた専属のコーチがつけば、あなたにあった最適の学習カリキュラムを作成してくれ、学習進捗を一緒に管理してくれる。

 

忙しい社会人だからこそ、自分は仕事に専念し、英語の学習計画や管理についてはプロに委託するというのは正解だ。

 

どんなレベルの人も「使える英語」が確実に身につくと評判なのは「トライズ」だ。

トライズなら、あなたは言われた通り英語を学習するだけで最短コースを進んでいける。

 

カウンセリングは無料。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

あなたは1年後、見違えるような自分になっていられる。