英語を学ぶ人にとって、実際に英会話をレッスンする場は貴重だ。

 

レッスンを受ける際、一度は「マンツーマンかグループか」を迷った人も多いことだろう。

英語を学ぶ人にとって、マンツーマンレッスンとグループレッスンは、どちらがいいのだろうか?

 

それぞれのレッスンのメリットとデメリットを比較しながら、どちらのレッスンがいいのか検討していこう。

マンツーマンレッスンのメリット

マンツーマンレッスンを受けることのメリットを考えていこう。

マンツーマンレッスンのメリット
  • 英語が下手でも恥ずかしくない
  • しゃべる量が増える
  • 自分を中心に話を進めてもらえる
  • 同じレッスン時間でも学習量が濃厚になる
  • どんなに疲れていてもぼんやりできない(デメリットでもある)

このように、マンツーマンレッスンは、本気で英語を学びたい人にとっては条件がいいだろう。

話したい内容を自分で選びたい人なども、マンツーマンレッスンの方が向いている。

マンツーマンレッスンのデメリット

マンツーマンレッスンを受けることのデメリットを考えていこう。

マンツーマンレッスンのデメリット
  • グループレッスンより料金が高い
  • 他の受講生ならどんな言い回しをするかを知るチャンスがない
  • 自分以外に頑張っている人と知り合うチャンスがない
  • どんなに疲れていてもぼんやりできない(メリットでもある)

このように、マンツーマンレッスンの最大のデメリットは料金が高いことだろう。

そのほかにも、グループレッスンならではの他の受講生から学ぶチャンスというのもない。

グループレッスンのメリット

次は、グループレッスンを受けることのメリットを考えていこう。

グループレッスンのメリット
  • マンツーマンレッスンより料金が安い
  • 他の受講生の表現方法などを知る機会ができる
  • 他の受講生の間違えをみて自分も学べる
  • 自分以外に頑張っている人と知り合える

グループレッスンの場合は、マンツーマンレッスンよりも安い料金で受講できるのが魅力だ。

さらに、英語の勉強を頑張っている人と知り合えるチャンスでもあるので、マンネリ気味になっている人にとっても新鮮な気分を味わえそうだ。

グループレッスンのデメリット

グループレッスンを受けることのデメリットを考えていこう。

グループレッスンのデメリット
  • どんな表現も何とか自分で話さなければというスタンスが減る
  • しゃべる機会(量)が減る
  • ぼーっと参加していてもレッスンが終わる

逆にグループレッスンのデメリットは、やはり「自分が話さなくても誰かが話してくれるだろう」といった意識が芽生えてしまうことだ。

どうしてもマンツーマンレッスンよりも主体性が損なわれがちだ。

マンツーマンかグループか?

結局のところ、英語を学ぶ時、マンツーマンレッスンがいいのだろうか?

それともグループレッスンがいいのだろうか?

 

これは、自分で目的にあわせて使い分けるのが一番ベストな方法だろう。

 

どうしても短期間で英語を身につけたい場合などは、マンツーマンレッスンで矯正しながら英語を身につけた方が早い。

また、レッスンの機会は多ければ多いほど上達につながることを考えれば、週に2回程度行いたい場合、1つはマンツーマンにしてもう1つはグループレッスンにするのもいいだろう。

そうすれば料金もおさえられるし、マンツーマンの良さとグループレッスンの良さを両方味わうことが可能だ。

 

また、自分にあった先生に出会えるかどうかも重要なポイントになってくる。

先生によって、英語の上達スピードもやる気も変わってくるものだ。

体験レッスンをうまく活用しながら、自分にあったレッスン方法を見つけてみてほしい。