グローバルイングリッシュは、世界中で利用されているオンライン英語学習プログラムだ。

 

あなたも、TOEICで高得点をとりたいと思っているかもしれないが、そんな人がグローバルイングリッシュを受講することに意味はあるのだろうか?

グローバルイングリッシュがTOEICの勉強に向いているか向いていないか、徹底チェックしていこう。

TOEICに必要な英語スキル

TOEICに必要な英語のスキルは、実は限られている。

実際に誰かと英語でコミュニケーションをとるわけでもなく、英作文をする必要もない。

 

英語のスキルを「読む・書く・聞く・話す」という4カテゴリーに分類した場合、TOEICテストで必要となるスキルは次の通りだ。

TOEICテストに必要な英語スキル
読む 書く 聞く 話す

 

TOEICでは、「書く」スキル、つまり英作文のスキルは不問だし、話すスキルも問われない。

リスニングとリーディングに重点を置いたテストだと言える。

グローバルイングリッシュの学習内容

TOEICと比較して、グローバルイングリッシュで学習する内容を見ていこう。

グローバルイングリッシュで学習する英語スキル
読む 書く 聞く 話す

 

これを見るとわかるように、グローバルイングリッシュでは、「読む・書く・聞く・話す」のすべてをまんべんなく学習することができる。

しかもそれは、11段階に詳細にわかれたレベルごとに、自分に最適な内容で学習を進めることが可能だ。

グローバルイングリッシュはTOEICの勉強に向いているのか?

では、果たしてグローバルイングリッシュは、TOEICの学習に向いているのだろうか?

グローバルイングリッシュでは、ビジネス英語をまんべんなく学習できることはわかった。

しかし、先ほどの表を見てもわかったように、TOEICでは問われない英語スキルも学習することになる。

 

つまり、もし、短期集中でTOEICのスコアアップのみを狙うのであれば、グローバルイングリッシュではなく、TOEIC専用の教材を使った学習の方が効率がいいだろう。

そういう人の場合、TOEICテストに直接関係のない英語学習のあるグローバルイングリッシュは、対応範囲が広すぎて、向いていないと言える。

 

しかし、TOEICの勉強をしているからといって、すべての人にグローバルイングリッシュが向かないわけではない。

 

むしろ、TOEICの勉強は実際のビジネスシーンでは、使えないことが多い。

 

TOEICの点数は高くても、まったく英語をしゃべれない人は山ほどいるのだ。

「使える」ビジネス英語も身につけたいと思っている人には、基礎から底上げできるグローバルイングリッシュは、最適の教材なのだ。

 

グローバルイングリッシュがTOEIC勉強に向いているか?まとめ
TOEICのスコアアップだけを狙っている人
→グローバルイングリッシュは、向いていない

 

TOEICの勉強をしつつ「使える」ビジネス英語を身につけたい人
→グローバルイングリッシュが、向いている

グローバルイングリッシュの料金は

グローバルイングリッシュは、TOEICを学習している人にとっても、実に有効な教材だ。

 

自分が今、どんなステージにいるのかよく考えて検討してみよう。

TOEICのスコアアップだけを集中して狙った方がいい時期なのか、それとも、使えるビジネス英語を長期的に身につけた方がいい時期なのか?

 

グローバルイングリッシュの料金は、リーズナブルなので、将来のための自己投資としては投入しやすい金額だろう。

グローバルイングリッシュ6ヶ月受講料  38,880円(税込)

(支払いはクレジットカード払い)

※GlobalEnglish料金を1ヶ月に換算すると

 → 1ヶ月 約6,500円(税込)

なんと1日あたり約200円の自己投資で英語を身につけられる!

 

 

半年後の自分のために、

6ヶ月集中のビジネス英語を特訓したいなら。