毎日、毎日、忙しくて時間がない。

 

やってもやっても終わらない仕事を抱えているのに、英語もできるようにならないといけない。

仕事だけでもこんなに忙しくてたまらないのに、一体どうやって英語を勉強すればいいんだろうか。

 

あなたも、そんな悩みを抱えていないだろうか?

 

そんな時でも、英語を身につけられる人と、全くダメな人がいる。

無理を可能に変えて英語を身につけた人たちが行っているちょっとしたコツとはどんなことだろうか?

忙しくても英語を身につけたいなら

忙しい人が、英語を身につけるには、ちょっとしたコツがある。

真面目にコツコツやろうと思っても、なかなか上達しないのである。

ポイントをおさえて、最短ルートで英語を身につけられるように学習法を工夫しよう。

忙しい人の英語学習のコツ5つ

次の5つのポイントを意識しながら学習してみよう。

1)無駄なことをしない

まず、意識しないといけないのは、無駄なことをしないことだ。

 

ただでさえ時間がないのだから、余計な遠回りをしている場合ではない。

真面目にコツコツ取り組みたいと思っている人の方が挫折しやすいので注意が必要だ。

では、どんなことが無駄なのか?

 

それは、コツコツ単語を覚えることや、どんどん新しい教材に手を出すことだ。

単語学習をしなくても、読解をしているうちに必要な単語は覚えていくことになるので、わざわざ時間をとる必要はない。

英語教材も、1度きりしか使わないよりも、最小限の教材を何度も繰り返す方が効果が高い。できない箇所、わからない箇所を埋めていくように取り組んでみよう。

2)細切れ時間の活用

「忙しくて時間がない人」の時間そのものが増えることはない。

だから、時間がない中で英語を身につけたいなら、細切れ時間を有効に使っていくしか方法はない。

 

多くの人が取り入れる時間は、通勤時間、ランチタイムの30分などがある。職種のよっては、外回りの移動時間や、アポイントまでの時間調整の時も利用できる。

また、朝30分早く起きて勉強したり、夜寝る前の30〜60分の学習は記憶の定着にも効果的だと言われている。

3)ながら学習をする

細切れ時間の活用とも似ているが、何かをしながら、英語の学習もするしかない。

 

例えば、ランニング中や、洗濯物を干す時間、料理をつくる時間などもシャドーイング練習には活用できる。

こうした単純作業と一緒に英語の学習をしていくことで、少しでも時間をつくりだすことができる。

4)何かやめる

思い切って、何かをやめられないか考えてみよう。

 

大好きなお酒を飲みに行く回数を減らしたり、目的を達するまで趣味の時間をやめたり、ついスマホを見てしまう時間をなくしてみよう。

そのほかにも、思い切ってやめられることがないか考えてみよう。

5)計画をたてる

忙しくて時間がない人がやってしまいがちなのは、その場限りの学習をしてしまうことだ。

 

「やれたら、やろう」という考え方では、短期間で英語を身につけるのは難しい。

というよりも、ほぼ無理だと思った方がいい。

自分の強化したいポイントに絞った問題集を用意し、それをいつまでに終わらせるか決めて、日々の学習計画を立てることが大切だ。週に1日は予備日を設けて、必ず達成するという気持ちで取り組んでみよう。

忙しい人の英語学習

以上の5つのポイントをおさえて、こまめに英語を学習していくのが時間がない人のコツだ。

 

しかし、正直なところ、これらを毎日行うには、かなりのエネルギーを要する。

 

ぶっちゃけて言うなら、忙しいのに英語も身につけなければならない状況に追い込まれた時、一番いい選択肢は、英語コーチをつけることだ。

 

 

忙しいのに、本当に自分だけで、学習計画まで考えられるのか?

 

それを考えてみてほしい。

 

 

英語コーチがいてくれたら、あなたは英語学習の段取りも、日々のアクションも、学習管理も、すべてコーチにまかせられる。

 

あなたは、言われたことをただ行うだけで、超短期間で英語を上達させることができるようになる。

 

英語学習のノウハウを一気に手に入れることができるのだ。

 

ただひとつ。注意すべきことがある。

コーチ選びは重要だ、ということだ。

 

短期間で英語力を確実にあげられるということで人気上昇中なのは、PROGRIT(プログリット)だ。

 

プロの英語学習のコーチがどんなものか、実際に見に行ってみるといい。

 

 

無料のカウンセリングで、自分の英語力の弱点を教えてくれる。

PROGRIT(プログリット)の公式サイトをチェックする

 

 

遠くて行けない人には、オンライン対応もしている。

本物を見てこよう。