ついつい、英語学習というのはサボってしまいがちだ。

 

それというのも、英語学習には強制力が無い。

自分が英語を上達したい、と思うからこそ勉強するわけで、誰かに強制されているわけでもなく、常に誰かに監視されているわけでもない。

今日の学習をサボったところで、誰に怒られるわけでもない。

 

そんな強制力のない英語学習だが、どうにか継続できる方法はないものだろうか。

今回は、強制力のない英語学習を続けるちょっとしたコツを紹介するのでチェックしてみよう。

なぜ英語学習が続かないのか?

英語を学習していて、何がモチベーションを下げるかといえば、やはり「達成感の無さ、成長実感の無さ」が大きいのではないだろうか。

 

いくら努力して、忙しい中でも時間をつくり英語学習に励んだところで、なかなか思うように英語の実力は上がっていかないし、いくらやっても知らない単語がゴロゴロ出てくる。

そうなってくると、英語を勉強しても「面白くないし」、仕事で疲れた日にサボり始めると、あっという間にそのまま数週間が過ぎる。

 

こうした経験は、英語を学んだことのある人のほとんどが経験したことがあるのではないだろうか。

であれば、なるべく英語の学習に「達成感」や「成長実感」を持てる仕組みを取り入れることで少しは解決されることになるだろう。

英語学習の継続には「記録」が効果あり!

そこで試してみてほしいのが、「英語の学習記録」をノートにつける方法だ。

 

もちろんノートでなくデータ管理でもいいが、気軽にいつでもパッと開いて眺められる方がいい。

 

ここに、あなたが英語学習した内容を、コツコツと記録していこう。

そうすると、後日この記録ノートを開いてみると、これまでに頑張ってきた自分を振り返ることができる。

 

実力はほとんど変化がないように感じるかもしれないが、勉強を積み重ねてきた記録は残るのだ。

自分がこれまで歩んできた努力の道を振り返ることは、とても気持ちがいいもので、さらにもっと頑張ろうという気持ちがわいてくるようになる。

記録する内容

まずは普通の大学ノートを用意しよう。

 

そして、見開き2ページ分を一度に使っていくことになる。

見開き 左ページ 見開き 右ページ
1月 予定 1月 結果
1日 シャドーイング30回、文法問題5ページ 1日 シャドーイング30回、文法2ページ
2 単語10ページ分、シャドーイング30回 2 シャドーイング15回
3 文法5ページ、シャドーイング30回 3 シャドーイング40回、文法5ページ
・・・ ・・・
・・・
・・・

このように、左ページには「予定」を記入し、右ページには「結果」を記入する。

 

パッと一覧で見るためには、1ページに1ヶ月分の日付を書いた方がいい。

ただし、これはやってみて、記入する内容を増やしたい場合は、2行を1日分にするなど工夫してみよう。

記録をつけるメリット

記録をつけることによって、次のようなメリットがある。

英語学習を記録するメリット
  • これまで自分が積み重ねてきた学習内容を振り返ることで達成感が得られる
  • 中長期的な英語学習の計画をたてられる
  • 英語学習する際に「計画をたてて実行する習慣」がつくと効率的に英語力を上げていける

このように、英語学習を記録することで、多くのメリットがある。

 

振り返ることで、コツコツ頑張ろうという気持ちがわいてくるし、達成感を得られる。

また、モチベーションが上がるだけではなく、こうして計画をたてて実行する習慣がつくことは、結果的にとても効率的に英語力を上げることにつながっていくのだ。

 

記録をつけることで、自分への強制力が働くことにもなる。

ぜひ早速、試してみてほしい。

記録しても英語学習が続かないあなたへ

もし、英語学習の予定と結果を記録してみても、どうしても英語学習が続かないとしたら。

 

そんな人は、自分を責める必要はない。

おそらくそんなあなたは、コツコツと地味な努力をするのが少し苦手なだけだ。

しかし、意外とそんな人の場合、誰かに見られていたら飛躍的に英語学習がはかどったりする。

 

あなたがもし、記録をつけても英語学習が続かないなら、一度英語コーチをつけてみてほしい。

お金はかかるが、おそらくあなたの場合、英語コーチがいるだけで英語学習が圧倒的に楽しくなるだろう。

彼らは、英語力を上げるプロだ。

そんな彼らに、洗いざらい自分の状況を説明し、理想の自分になるまで引き上げてもらうのだ。

 

もし短期集中で英語力を上げたいなら、「PROGRIT(プログリット)」がオススメだ。

彼らはたった2ヶ月でも、あなたの実力を引き上げてくれ、さらにその後の英語学習計画もたててくれる。

元マッキンゼー出身者がつくった「PROGRIT(プログリット)」は、カウンセリングに行くだけでも目からウロコだと評判だ。

 

カウンセリングは無料。行ってみて損はない。

PROGRIT(プログリット)の公式サイトをチェックする

 

 

あなたがもし、1年間しっかりかけて英語力を総合的に上げたいというのなら、人気ナンバーワンの「トライズ」の門をたたくといい。

1年後のあなたは、別人になっていることが約束されるだろう。

トライズもカウンセリングは無料。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

あなたは決して意志が弱いわけではない。

少し助けを必要としているだけだ。

なんでも自分でやる必要はないのだから、プロの力を借りてみよう。