社会人がTOEICの勉強をするなら、どんな方法が効率的だろうか?

 

ただでさえ忙しくて時間がない社会人の場合、できるだけ楽にTOEICスコアを上げたいと思うのは当然だろう。

 

しかし、残念ながら、「聞くだけで」とか「これをするだけで」といった”楽”な上達法は嘘だと思ったほうがいい。

おそらく教材を売りたいだけだろう。信じないならそうした教材を試してみるといい。

 

結局、ある程度の「地道な努力」がない限り、TOEICスコアが上がることはないのだ。

 

心から残念な事実ではあるが、それが現実なので、まずはここを受け入れよう。

 

そうなのだ。社会人の英語学習は、なかなかに過酷だ。

 

趣味で英語を学ぶ人は、TOEIC学習そのものが楽しいだろうから、それはどうぞ楽しんでほしい。

しかし、何かしらの必要性に迫られて、TOEICスコアがどうしてもほしい人にとってはそうではない。

TOEICの勉強そのものが苦痛になったり、成長を感じられない自分に嫌気がさしたり、挫折する機会が山のように降ってくることになる。

 

そんな中、それでもTOEICのスコアがほしい。

そんな社会人が、どのように勉強したら念願のTOEICスコアを手にすることができるか、一緒に考えていこう。

社会人がTOEICスコアを手にしたいなら、やるべきこと

忙しい社会人がTOEICスコアを上げるために、どうしたらいいかチェックしていこう。

1)TOEICスコアを上げて、どんな自分になりたいか明確にする

一番よくないのは、やみくもに走り始めてしまうことだ。

 

まず最初に、「TOEICスコアを上げて、自分は一体どうなりたいのか」、それを自問自答してほしい。

 

それは、あなたの望む未来だろうか。

その時、あなたの心は嬉しそうか。

 

TOEICスコアを上げて、あなたは何を手にしているだろうか?

その自分をしっかりと心に焼き付けてしまおう。

あとはそれを現実にしていく努力をするだけだ。

忘れないように、何かよく目にするところに書き留めておき、常にそれを振り返ろう。

2)現状の実力を把握する

まずは、現時点でのあなたの実力を客観的に把握する必要がある。

 

市販のTOEIC模試をやってみてもいいし、最近受けたTOEICテストの結果があればそれを参照してみてもいい。

 

あなたのリスニングパートの結果は何点だろうか。

リーディングパートはどうか。

もう少し詳しく見ると、それぞれの内訳はどうか。

 

自分のTOEICスコアの傾向をチェックし、弱点を把握しよう。

3)リスニングを強化する

TOEICテストの場合、一番スコアが伸びやすいのがリスニングパートである。

 

理由は、内容がリーディングパートよりも若干やさしいためだ。

耳が英語に慣れてしまえば、得点を上げやすい傾向にある。

まずは、スコアを上げたい人は、リスニングパートのスコアを上げるように努力しよう。

 

リスニング上達のコツは、「自分でも発音しながら覚える」ことである。

 

人は、自分で発音できないものは聞き取れないようにできているのだ。

 

自分でどういう発音かわからない単語や文章について、相手が言っているのを理解できないのは当然だろう。

だから、TOEIC用のリスニング教材を耳にしながら、その音声をそのまま真似してトレーニングしよう。

こうしたトレーニング方法を、「リピーティング」とか「シャドーイング」という。

 

リピーティングというのは、英語センテンスを聞いて、一度音声をとめて自分でも繰り返す方法。

シャドーイングというのは、英語センテンスを聞きながらワンテンポ遅れて真似してついていく方法。

 

初心者の場合、リピーティングの方がしやすいかもしれないが、ネイティブの発音に近づけるのはシャドーイングの方なので、できればシャドーイングをするようにしよう。

 

また注意点が1つある。

シャドーイングやリピーティングをしている時、つい英文の内容そのものは意識できずに、「英語の音」だけを必死に繰り返す自分がいるかもしれない。

その時、無理に意味をとろうとしないでほしい。

 

最初は意味をとりながら音を真似するのは難しすぎるのだ。

まずは、音を忠実に繰り返せるようになるだけでも効果が高いので、意味を意識できなくても気にせずに繰り返そう。

そのうちに、意味もしっかり意識できるようになってくるので心配はいらない。

4)文法パートを強化する

英文法をおさえていくことは、すべてのトレーニングにつながるので非常に重要だ。

しかも、リスニングパート同様に、文法のPart5はスコアをあげやすい。

 

書店でPart5の問題集を購入し、これをひたすら解いていこう。

時間も意識して解くのがコツだ。

TOEICテストは時間が足りなくなる人が多い。塾考している時間はないのだ。

 

また、この問題集は1回解いたら終わりにしないで、何度も繰り返そう。

最初から、間違えたところに付箋を貼っておくと振り返る際に有効だ。

5)TOEIC模試を何度も解こう

時間をしっかり計測しながら、TOEIC模試を何度も解こう。

 

TOEICスコアを上げるには、TOEICテスト形式に慣れることも重要だ。

何度も受けるうちに、リスニングパートの効率的な聞き方なども体得できるようになる。

同じ問題集だとしても、何度も繰り返しても効果はある。

本気でTOEICスコアを上げたい社会人の勉強法

以上の方法で、TOEICスコアを上げていくことができるだろう。

 

しかし、忙しい社会人にとって、かなりハードな内容かもしれない。

これをひとりで走りきるのは至難の技だ。正直なところ、少し方法が間違っただけでも大切な時間を失ってしまう可能性すらある。

 

そんな不安を抱いた人は、TOEICスコアを上げる専門コーチに頼るのもオススメだ。

社会人は、どうしても仕事のことで頭がいっぱいになることもある。

そんな状態では、英語の学習の進め方や進捗を自分で管理していくのはかなり重荷だ。

そうした重荷を、コーチがすべて背負ってくれるのだから有難い。

 

TOEICスコアをあげる専門スクールなら、「TOKKUN ENGLISH(トックンイングリッシュ)」がオススメだ。

 

TOKKUN ENGLISH(トックンイングリッシュ)に行くと、

  • あなた専属のコーチがつき
  • あなたの現状を把握してくれて
  • あなたに最適な学習カリキュラムを作成してくれて
  • あなたの学習スケジュールを管理してくれて
  • あなたの望むゴールへと導いてくれるのだ。

 

あなたは、もうひとりで勉強しなくていい。

コーチが一緒に走ってくれる。

そのコーチは、あなたのような忙しい社会人のTOEICスコアをあげるプロだ。

どんなことで、つまづきやすいかよく知っている。

そんな人たちを、もう何人も引き上げてきた頼りになる存在だ。

 

自分だけでもTOEICスコアが上がる自信がある人には必要ない。

 

でももし不安があるのなら、チェックしてみよう。

あなたは、今、分岐点に立っているのだ。

 

無料のカウンセリングで、あなたの英語力の弱点を教えてくれる。

トックンイングリッシュの公式サイトをチェックする

 

 

未来の自分を変えるのは、今だ。