高校以来、まったく英語に触れる機会もなく、そのまま月日が流れてしまった。

それが、今さら、英語を学んでみようかと思い始めている。

そんなことを、あなたは考えているところかもしれない。

 

しかし、どうやって勉強したらいいんだろうか?

そもそも高校で受け身になりながら英語を勉強したきりなのに、今さら英語のやり直し勉強法なんて、わかるはずもない。

そんな久しぶりに英語を勉強する人でも、はじめの一歩を踏み出せる方法をチェックしていこう。

英語を学ぶ目的について

まずは、英語の勉強を始める前に、これを考えてみてほしい。

 

あなたは、なぜ、英語を学びたいのか?

 

この問いを考えずに始めてしまうと、勉強方法も効果が薄れるし、挫折率も高い。

なんとなくでも、英語の勉強を久しぶりに始めてみようと思ったからには、何かきっかけや理由があったはずだ。

それを思い出して、言葉にしてみよう。

言葉にできたら、できれば何か紙などに書き留めておくといい。

どんな英語を身につけたいか?

なぜ、英語を学びたいのか再確認したところで、次は「どんな英語を身につけたいか」だ。

つまり、どんなシーンで英語を使いたいのか、を考えるということだ。

 

あなたが英語を学びたい理由ははっきりしたので、それをもとにして考えるといい。

 

例えば、英語を学びたい理由が、日本に来る外国人にボランティアで観光ガイドをしたいというものであれば、日常会話や日本の文化や暮らしなどについて英語でコミュニケーションできるレベルの英語を身につけたいだろう。

 

もしくは、ビジネスで世界をまたにかけて活躍する人材になりたいのかもしれない。その場合は、日常会話や文化よりも、よりビジネスに特化した表現を身につけるべきだろう。

英語のどんな能力を強化するか?

さて、あなたは、どんな英語を身につけたいか考えたことだろう。

 

そして、次だ。

次は、その「どんな英語を身につけたいか」をもとにして考えてみよう。

その英語を身につけるためには、英語の能力でいうと「読む・書く・聞く・話す」のうち、どの能力を強化すべきかを考えてみるといい。

 

例えば、観光ガイドになりたい場合は、「読む・書く」の能力は後回しにしてもいいだろう。

「聞く」能力と「話す」能力に集中して取り組んだ方が、目的に到着するのが早くなる。

 

このように、まずは目的にあわせて、何に集中して勉強するかを考えてみよう。

どんな人も避けて通れない英語の勉強内容は?

さて、どんな内容の英語を勉強したらいいか、なんとなくわかってきたところかもしれない。

 

しかし、少し残念なお知らせがある。

実は、どんな英語を身につけたい人であっても必須の勉強がある。

 

どんな人にも必ず必要なもの、それが「英文法」と「単語」を覚えることだ。

 

もしかしたら、あなたは高校時代、英文法や単語の暗記が苦手だったかもしれない。

英文法を覚えることも、単語を覚えることも、地道な努力であまり楽しめないのが理由ではないだろうか。

しかし、本当に残念ながら、これらの勉強を避けて、英語を自由に使えるレベルにはなれないのが事実なのだ。

 

ちなみに、英文法や単語を覚えることは、英語の能力でいうところの「読む」や「書く」ではない。

「読む」能力というのは、小説などの長文を読んだりする能力、書く能力は文章をつくって書ける能力だ。

英文法や単語を覚えるというのは、「読む・書く・聞く・話す」の全ての能力を支える基礎となる部分なのだ。

 

しかし、安心してほしい。

そこまで高度な勉強は不要なのだ。

本当に実践で重要になるのは、まずは「中学レベルの英文法」なのだ。

中学レベルの英文法を復習するところから始めよう。

 

単語に関しては、自分が英語を身につけたい理由に立ち返り、必要なジャンルの単語を覚えよう。

書店に行くと、単語集がたくさん売られているので、気に入ったものを1冊繰り返し覚えていけばいいだろう。

実践の場を設けてみよう

そして、いよいよ実践の場を設ける段階だ。

 

英語の勉強では、インプットを多くした方が早く上達できるが、しかし継続するためにはアウトプットの機会が多い方がモチベーションを保ちやすい。

 

料金をおさえたい人は、オンライン英会話でもいいだろう。

複数の会社の情報をチェックし、自分にあったものを選んで試してみよう。

対面で会話できる英会話スクールに通うのもいいし、自分の好みやライフスタイルにあわせて選ぼう。

自分だけで英語を身につける自信がないなら

英語の勉強というのは、はかり知れない。

 

頑張って勉強していても、この勉強法が本当に正しいのか不安にもなってくる。

さらに自分が成長しているのかどうかも、なかなか実感しにくい。

自分が学んだ表現方法が、果たして本当に正しく使えているのかも自信が持てない。

 

そんなことに悩む人は多い。

ひとつひとつは小さな悩みかもしれないが、それがいつまでも解決できずにモヤモヤが大きくなり続けると、このまま英語の勉強を続ける意味があるのか不安になったりもする。

せっかく英語の勉強を始めても、途中でやめてしまっては努力が無駄になってしまう。

 

そんな不安があるなら、英語を学ぶプロに頼ってみるのもいいだろう。

あなただけの専属コーチについてもらい、あなたの英語の勉強をみてもらうのだ。

 

英語の専属コーチをつける方法は、これまで書かれていた全ての内容をあなたと一緒に考えてくれる存在を手にいれることになる。

あなたの英語を学ぶ目的を理解してくれて、最短でそこに到達する方法を示してくれる存在だ。

 

どんなに英語の勉強にブランクがあって、基本的なことがわからなくても、専属コーチはあなたのどんな質問にも答えてくれるし、毎日の勉強をフォローしてくれる。

あなたが目的を達成するために、最適で最短のルートを示してくれる秘書のような存在だ。

時には励まし、時には褒めてくれ、勉強が遅れてくると一緒にスケジュールを考え直してくれる頼もしい味方だ。

 

 

そんな味方を手に入れたら、あなたはもう、勉強法に悩むことはなくなる。

あとは必死に勉強をするだけで、あなたの未来は確実に変わる。

 

 

初回のカウンセリングは無料。未来を変えたいなら。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

トライズに行けば、あなた専属のコーチがあなたと一緒に走ってくれる。