英語を身につけるためには、やはり留学するのがいいのだろうか?

 

日本で英語の勉強をしていても、なかなか上達しなかったり勉強が続かなかったりする。

留学したらきっと確実に英語が上達するんだろうな、と思ったりするかもしれない。

 

しかし、本当にそうだろうか?

英語習得に留学は必要かを検討してみよう。

さらに、留学しないで英語を身につける方法についてチェックしていこう。

留学のメリット

まず、留学をした場合のメリットについて考えてみよう。

留学のメリット
  • 英語漬けの環境に身を置ける
  • 外国の暮らしを体感することができる
  • 日本では出会えない人に出会える
  • 就職に有利になるケースもある

やはり、留学における一番のメリットは、生活そのものが全て英語で行われるということだろう。

 

外出しても看板は英語、レストランでも注文は英語、移動するにも英語、テレビをつけても英語の日々があなたを強くしてくれる。

さらに、外国の文化は日本とは全く異なる。

そんな刺激的な体験は、日本にいてはなかなかできない貴重なものとなるだろう。

留学のデメリット

では逆に、留学のデメリットはなんだろうか。

留学のデメリット
  • 学費や滞在費などかかる費用が高額
  • コミュニケーションが苦手だと孤独になりやすい
  • 食生活の違いから体調不良になりやすい

留学には、高額な費用が必要になる。

また、あなたがビジネスパーソンであるならば、仕事をやめて収入が無い状態でスタートしなければならず、かなりハードルが高いだろう。

留学すれば英語は話せるのか?

高額な費用をかけて留学したからといって、誰しも英語がペラペラになるわけではない。

 

たった半年から1年間留学したとしても、日常会話に困らなくなる程度で終わる人も多い。

また中には、留学先で日本人と過ごしてしまい、日本語ばかり話している人もいる。

 

当たり前だが、英語を話すために大切なのは、「留学すること」ではなく「英語を勉強すること」だ。

 

留学したからといって、英語を勉強することなく英語が身につくことはない。

留学から帰国しても、ブロークン英語だったり、決まった単純英文しか話せない状態だったりする。

 

そのような状態では、ビジネスでそのまま使うというのは厳しいだろう。

特にビジネスシーンで使える英語の場合は、「勉強せずに」身につくことはない。

 

しかし逆に言えば、「勉強さえすれば日本でも英語は身につく」のである。

留学せずに英語を身につける方法

日本にいても、「使える英語」は身につけることができる。

 

留学するほどの高額な費用をかけなくても、仕事を辞めるリスクを背負わなくても、英語は身につけられる。

では、どのようにしたら英語は身につくのだろう。

日本にいながら英語を身につける方法
  • なりたい英語レベル目標を明確にする
  • やらなくていいことを決める
  • 毎日、必ず英語の勉強をする
  • 短期間(3ヶ月〜1年程度)の期間を決めて集中する
  • 基礎的な英文法を身につける
  • 実践のトレーニングをする

ここに書かれたことを実践していくと、日本にいても英語力は上がっていくだろう。

 

しかし英語の勉強というのは、勉強法が正しいかどうか自分ではなかなか判断しにくい。

さらに、成長している実感がなかなか持てないために挫折してしまいやすい。

 

留学せず日本にいたままでも、英語力は上がる。

しかし、自分だけでは不安になってしまうというなら、自分だけの専属コーチをつけるのがオススメだ。

 

あなただけの専属コーチと、ネイティブ講師が常にフォローし続けてくれる環境の中、あなたに最適のカリキュラムを組んでくれて一緒に英語を勉強していくことができるのは「トライズ」だ。

 

留学するよりもはるかにリーズナブルな料金で、日本にいながら「使える英語」を身につけることが可能だ。

 

英語を身につけたいなら、ぜひチェックしてみてほしい。

カウンセリングは無料。

トライズの公式サイトをチェックする

 

留学しなくても、英語は話せるようになる。