英語の独学で挫折した経験がある人もいるだろう。

あなたにも経験があるかもしれない。

しかも、もしかしたら1度だけではないかもしれない。

そんな経験から、自信を失っている人もいるだろう。

 

しかし、これまでに起きたことで、自分を責めるのはもうやめよう。

 

大切なのは、「今から起きること」ではなかったか?

過ぎ去った日のことはもう忘れて、新しい日を味わってみよう。

 

「今日」という日は変えられる。

「明日」という日は変えられるのだ。

決して遅いということはない。

英語の独学で挫折したことがある人というのは

英語の独学をしていて、いつしか勉強をやめてしまったことがある人。

 

あなたは、真面目な人だ。

物事を「きちんと」やりたいと思っている。

だから、ある時、英語の勉強に取り組めなかった。

 

その日はとても疲れていたからだ。

とても勉強できる状態ではないと思ってしまったのではないか。

 

責任ある仕事を任されていて、仕事に全力投球していたら、体力が残されていなかった。

そんな日もあるだろう。

 

もっとしっかり頭の働いている状態で英語の勉強をしたい。

そう感じたかもしれない。

 

それは、あなたがとても正直で、責任感があるからこそ感じることなのだ。

 

そんなあなたを、誰が責められるというだろう。

 

 

もしかしたら、自分で自分を責めたかもしれない。

 

自分のした約束を守れなかった。

何事も続けられない自分は努力が足りない。

1年前の自分と結局同じだ。

 

そんなことを考えたかもしれない。

 

しかし、そんな過去がなんだと言うんだろう。

そう、すべて過ぎ去ったことだ。

忘れなくてもいい。でも、考えるのはやめよう。

 

あなたが手にしているのは、「新しい今日」だ。

「過去」ではなく、「今」なのだ。

 

「今」から、行動すればいいじゃないか。

それで何が悪い。

何も悪くないのだ。

 

むしろあなたは強い。

過去に挫折を経験しても、またチャレンジしようと立ち上がれるあなたは強い。

 

ただ、ただひとつ。

ひとつだけ、注意してほしい。

 

過去と同じ失敗だけは、繰り返さないようにしないか。

 

それだけを心に決めて、次は英語の学習に挫折しない、と決めてしまうんだ。

せめて少しでも前回とは違う自分になる。そう心に決めてほしい。

同じ挫折を繰り返さないために

あなたが今日から先、英語で同じ挫折を繰り返し経験しなくてすむように、何ができるだろう。

 

何か方法を変えてみないか?

 

あなたは、もしかしたら真面目に全て自分でやろうとしすぎていたのかもしれない。

だから、きちんとできない日があれば、あなたはそんな状態に耐えられなくなった。

そういうこともあるだろう。

 

全てを投げ出したくなったかもしれない。

 

だが、少し待ってほしい。

 

本当は、

あなたが手にしたかったものというのは、

「なんでも自分でこなせること」ではなく、「英語を身につけること」ではなかったのか?

 

 

もし、そうであるならば、もうそんなに自分だけで頑張るのはやめにしないか?

 

簡単な話なのだ。

あなたは、もっと誰かを頼ればいい。

助けを求めれば、その状況を変えることができるのだ。

 

ならば今度は、「英語のコーチ」をつけてみるのはどうだろうか。

 

英語のコーチは、あなた専属のコーチとなり、あなたの強い味方となってくれる。

 

どんな味方なのかと言えば、

あなたの現状の英語力を正確に把握してくれて、

あなたがなりたい英語のレベルを理解してくれて、

それを実現するための最適で最短のカリキュラムをあなたのために作ってくれて、

その学習のスケジュールを一緒に考えてくれて、

毎日の学習をフォローしてくれて、

いつでも質問に答えてくれて、

時には励まし、時には褒めてくれながら、

あなたを理想とするゴールまで連れて行ってくれる頼もしい存在だ。

 

 

そんな素晴らしい夢のような存在が、実際にいるのだ。

あなたが頼めば、喜んでコーチになってくれる。

 

あなたはもう、今までとは全く異なる環境を手にいれることができるのだ。

 

もう、自分に失望しなくていい。

あなたには、力がある。

 

 

もう二度と、挫折したくないというのなら、無料のカウンセリングに行ってみよう。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

きっとあなたは確信するはずだ。

自分はもうすでに、変わったのだと。