もう英語の学習に挫折しない。

 

…そう思っているのに、また挫折してしまう。

そんな自分が嫌になる、という経験をしたことがある人もいるだろう。

 

それでも、やっぱりどうしても、英語の習得はしなければならない。

そんな時、どうしたらいいんだろうか。

 

そもそも、なぜ、英語の学習に挫折してしまうのだろう。

その原因を探りながら対応策も考えてみよう。

英語の学習に挫折してしまう原因と対応策は?

いろいろと悩んでしまいがちだが、英語の学習に挫折してしまう5つの理由とその対応策を考えていこう。

1.目標が曖昧なまま学習している

英語を学習するにあたって、

「何のために」

「いつまでに」

「どれくらいのレベルに」

「どんな方法で」

学習をするのか、考えたことがあるだろうか?

 

当たり前のように聞こえるが、実際は、これらの内容を明確にして英語を学習している人はごく少ない。しかし、これらの内容を明確にしているだけでも、英語の学習を途中でやめるといったことが減るはずだ。

 

もし、まだ明確でないとしたら、一度考えてみるといいだろう。

また、これらの目標は、適宜、内容やスケジュールなどを調整しながら進めるとよい。

2.実際に英語を使う機会がない

せっかく英語を学習していても、それを実際に使う機会がないとしたら、やはり途中でつまらなくなってしまい挫折してしまうこともあるだろう。

 

仕事で使う環境にあれば一番いいアウトプットにはなるが、そうではない場合は、まずは週に1回でも英会話スクールに通ってみるなど、実際にアウトプットする機会をもつといいだろう。

3.自分にあう学習法がわからない

英語を学習する人に多いのが、「正しい努力」をしていない人だ。

 

自分で考えていいと思う学習法が、正しい方向性の努力とは限らない。

この学習法が間違っていると、悲しいことだが、ある一定のレベルまで上達しても、それ以降は伸び悩むことが多い。

 

正しい努力というのは、あなたの英語のレベルによっても変わってくるのが難しいところだ。

とはいえ、文法、語彙、音読、シャドーイングといった基礎的な学習を地道に行うしかない。

4.成長が見えにくい

英語の学習は、残念ながら「ブレイクスルー」といったものは存在しない。

地道に学習を重ねた結果、薄皮をはぐように成長していくしかないのだ。

 

しかし、この状態が、英語学習の挫折を招きやすい。

 

そのための対応策は、なるべく目標を1週間ごとなどに細かくブレイクダウンし、達成感を味わうといい。

また、定期的にTOEICテストなどを受けることも気持ちを引き締めることができるだろう。

5.設定している目的や目標が高すぎる

決して、高い目標を持ってはいけないわけではない。

 

心からの高い目標は、むしろ必要だ。

問題となるのは、その高すぎる目標「しか」ないことだ。

 

人は、高すぎる目標を前にした時、現実と理想のギャップが大きければ大きいほど、やる気を失いやすい。

 

こうならないためには、高すぎる目標を、現実的にできる目標までブレイクダウンすることだ。

1年後の自分を思い描き、そのために必要な努力を半年、1ヶ月、1週間、1日単位までブレイクダウンする必要がある。

「文法問題集を50問解く」といったレベルにまでブレイクダウンした目標でないと、人は実際に手足を動かすことができないのだ。

英語の学習に挫折してしまう原因まとめ

もう一度、まとめてみよう。

英語の学習に挫折してしまう理由としては、以下の5つの原因がある。

英語の学習に挫折してしまう理由5つ
  1. 目標が曖昧なまま学習している
  2. 実際に英語を使う機会がない
  3. 自分にあう学習法がわからない
  4. 成長が見えにくい
  5. 設定している目的や目標が高すぎる

これらの原因をなくすよう対策をとることが大切になってくる。

 

 

もしそれでも不安なら、専門家に頼るのもオススメだ。

お金はかかるが、それでもそこから得られる効果を考えると、かなりの費用対効果を発揮することだろう。

 

その際の注意点としては、単なる英会話スクールなどに行かないことが重要だ。

 

英会話スクールは、実践練習の場としては適しているが、全体の学習計画や、文法や語彙などのインプット学習をするには適していなく、効率的に英語力を上達させることは難しい。

それよりも「コーチング系英会話スクール」に行く方が効果が高い。

コーチング系英会話スクールなら、専属コーチがつき、英語の学習方法を教えてくれたり、学習の進捗状況をを管理してくれるし、モチベーションが下がっても励ましてくれる。

 

コーチング系英会話スクールの中で、評価が高く、費用対効果が高いのは「トックンイングリッシュ」だ。

 

トックンイングリッシュは、たった2ヶ月でビジネス英語を上達させてくれるコーチング系英会話スクールで、マッキンゼー出身者がつくったスクールだ。

2016年にできたばかりだが、実際に受講した人たちの口コミ、評価が高く、人気が急上昇している。

 

そんなトックンイングリッシュに行けた場合、挫折ポイントは次のように変化する。

 

1.目標が曖昧なまま学習している

「何のために」「いつまでに」「どれくらいのレベルに」「どんな方法で」英語を勉強するのか、自分専属のコンサルタントと一緒に話し合い、明確にしてくれる。

2.実際に英語を使う機会がない

→英会話のアウトプット練習もできる。さらに、専属コンサルタントと英語のやりとりもできる。

3.自分にあう学習法がわからない

→多くの受講生の英語レベルを上達させてきた専門家が、自分に一番適したプログラムを作成してくれる。さらに、自分でもどう学習すればいいかわかるようになる。

4.成長が見えにくい

→目標を1週間、1日ごとにブレイクダウンして管理し、達成感を味わえる。さらに、定期的にテストを実施することで成長を確認できる。

5.設定している目的や目標が高すぎる

→現状のレベルに対して明らかに目標が高すぎる場合でも、例えば、学習期間を長くしたり、学習方法を変えたりといった調整案をコンサルタントが提案してくれる。適切な目標が定まったら、それを適切にブレイクダウンした学習計画にして、一緒に学習につきそってくれる。

 

 

トックンイングリッシュがすごいのは、「英語学習の仕方」を教えてくれるところだ。

 

2ヶ月間、短期集中で英語力を上げてくれるが、その学習を通して、英語学習というのはどう進めたらいいのかを徹底的に教え込んでくれる。

受講期間の修了時には、その後1年間の学習スケジュールまで渡してくれる。

 

一度、2ヶ月かけて、自分の英語力を飛躍的にレベルアップさせて、その後も継続して英語学習に取り組める習慣を身につけられたら、自分の英語力は飛躍的な成長を遂げるだろう。

 

興味があれば、見てみてほしい。

 

 

無料のカウンセリングで、自分の英語力の弱点を教えてくれる。

トックンイングリッシュの公式サイトをチェックする

 

 

もう挫折したくないなら、専属コーチについてもらい、英語の学習法から身につけよう。