社会人になってから、英語を学びたいと思う人は多い。

あなたも今、何かしらの必要性を感じて英語を学ぼうとしているところかもしれない。

 

確かに、英語は今のうちに身につけておいた方がいい。

最近では小学生のうちから英語を学ぶようになってきており、10年後、20年後には、今よりも確実に英語ができて当然の人材が増えてくる。

つまり、あなたは英語が話せないだけで仕事のチャンスが減り、給料だって減る時代がくるだろう。

 

今が最後のチャンスだ。

社会人が今から英語を学ぶとしたら、どんな英語スクールに行くのがベストか?

検討すべきポイントをチェックしていこう。

社会人が選ぶ英語スクール検討ポイント

それぞれについて、詳しくチェックしていこう。

1)英語を身につけるまでにかかる期間はどれくらいか

まず、大事なチェックポイントは、英語習得にかかる期間がどれくらいかかるかだ。

 

社会人は忙しいため、あまりに長い時間がかかる場合、途中で挫折してしまいやすい。

また、上達のスピードも短期集中の方が圧倒的に早い。

もしあなたが、これから英語のスクールを探すなら、長くても1年程度の「短期集中」で身につけられるスクールを選ぶといいだろう。

2)あなたにあったトータル学習デザインをしてくれるか

次にチェックしたいポイントは、あなたにあったトータルの学習プランをデザインしてくれるかだ。

 

学習プランというのは本来、それぞれの受講生によって異なるものだ。

似たようなレベルにある人も、苦手なポイントは違うし、目標とする到達点も違うのだから当然だろう。

そうしたそれぞれの受講生に対し、最適の学習プランをデザインしてくれるスクールを選べた人の方が英語習得への近道となる。

3)学習の進捗管理をしてくれるかどうか

次にチェックしたいポイントは、英語学習の進捗管理についてだ。

 

意外と自分で英語学習がうまく進んでいるかどうか管理していくことは難しい。

目の前の学習に集中してしまい不必要な学習に時間を割いてしまったり、もっとレベルを上げるべきなのにレベルの低いトレーニングを続けてしまったりする。

そんな時に、もっと別のメニューをした方が早く英語習得できると気付けるかどうか、指摘してもらえるかどうか、そんな環境を手に入れることができるかどうかが英語上達のスピードを決めることになる。

4)費用がどのくらいかかるか

英語を身につけるために、どれくらいの費用がかかるかは重要なポイントとなる。

 

当然、なるべく費用をおさえて身につけたいところだ。

しかし、ここで最も大事なポイントとなるのは、「それで使える英語を身につけることができるか」という点だ。

安ければいいというものではないので、注意が必要だ。

5)返金保証がついているか

英語スクールの中には、まとまった期間の代金を一括で支払うことも多い。

 

そんな時にチェックしておきたいのが「返金保証制度」だ。

なんらかの事情で、万が一通い続けるのが難しくなった場合に、返金保証があれば安心だ。

大切なお金を投資して英語を身につけるのだから、念のため返金保証があるかどうかもチェックしておきたい。

6)講師がネイティヴか日本人か

講師がネイティヴなのか日本人なのかも、事前にチェックしておいたほうがいいだろう。

 

しかし、実はネイティヴ講師でも日本人講師でも、それぞれの良さがあるので、どちらかが悪いというものではないので注意したい。

以下のそれぞれのメリットとデメリットを比較してみよう。

ネイティヴ講師に受けるメリット
  • 本物のネイティヴの英語の発音が聞ける
  • 「外国人」を相手にした会話に慣れることができる
  • 語彙が多く、様々な英語表現を学べる
  • 外国の文化にも触れられる
ネイティヴ講師に受けるデメリット
  • わからない点を英語でどう質問していいかわからない場合がある
  • 間違いを英語で指摘されてもうまく理解できない場合がある
日本人講師に受けるメリット
  • 効率良く英語を学ぶ方法や手順、優れた教材を知っている
  • 英語ができない人の気持ちが理解できる
  • わからない点を日本語で質問できる
日本人講師に受けるデメリット
  • 発音がネイティヴ講師ほど良くない
  • 外国人相手に英語を話すより高揚感が持てない

これらの内容から、自分にあった講師を選ぶということも大切なチェックポイントだろう。

社会人におすすめの英語スクールは?

社会人が英語スクールに通うとしたら、チェックしておきたい検討ポイントをまとめてみよう。

社会人が英語スクール選びに迷ったら検討したいポイント
  1. 英語を身につけるまでにかかる期間はどれくらいか
  2. あなたにあったトータル学習デザインをしてくれるか
  3. 学習の進捗管理をしてくれるかどうか
  4. 費用がどのくらいかかるか
  5. 返金保証がついているか
  6. 講師がネイティヴか日本人か

 

これらの検討ポイントを踏まえて、自分にあったスクールを選ぼう。

 

おすすめのスクールは「トライズ」だ。

トライズは、自分専属の日本人コーチとネイティブ講師があなたをサポートしてくれる。

もちろん、あなたの目標にあわせてカリキュラムはオーダーメイドで、毎日の学習をフォローしてくれるから安心だ。

 

トライズに行けば、あなたは1年後には「使える英語」を身につけることができるのだ。

 

今後、英語ができないビジネスパーソンは肩身を狭くしていくしかない。

あなたはそれでいいのか。

 

今ならまだ間に合う。

 

今のうちに英語を身につけておきたいなら、トライズに行ってみよう。

 

初回カウンセリングは無料。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

自分の手で、自分の未来を変えよう。