「使える英語」を身につけたい。

それは、誰しもが思うところだろう。

 

しかも、仕事が忙しい社会人でも英語が身についていけば尚嬉しい。

そんな時、どうすればいいだろうか?

 

社会人が「使える英語」を身につけるにはどうしたらいいか、最強の勉強法をチェックしていこう。

使える英語とは何だろうか

まず、「使える英語」とは、具体的にどんなものだろうか?

 

もし、「使えない英語」というのがあるとすれば、それは実践の場では通用しない英語ということだろう。

例えば、受験英語はできるけれど、対面では英語が即座に出てこなかったり、発音やリスニングが苦手だとすれば、それは「使えない英語」ということになるだろう。

 

では、「使える英語が身についている」というのは、どういう状態だろうか?

 

ビジネスシーンで、外国人相手に、英語で自分の言いたいことが言えて、相手の話す英語が理解できれば、それは目的を果たしていることになるだろう。

つまり、「使える英語」というのは、ビジネス上の意思疎通が問題なくできる英語能力のことだろう。

 

ビジネスで「使える英語」を身につけるとは?

→ビジネス上の意思疎通が問題なくできる英語能力を身につけること。

 

例えば、ビジネスシーンにおいて、外国人相手に、英語で自分の言いたいことが言えて、相手の話す英語が理解できる状態なら、使える英語を習得しているということ。

使える英語は、どんな英語能力が必要?

では、使える英語というのは、具体的にどんな英語能力を磨けば身につくのだろうか?

 

英語には「読む・書く・聞く・話す」といった能力があるが、これらの中で、必要な学習とそうでないものがあるとすれば、一体それはどれだろうか?

 

外国人相手にコミュニケーションがとれるためには、これらの能力のうち、「聞く・話す」を重点的にトレーニングすることが必要になってくる。

英語の能力のうち、「聞く・話す」能力が磨かれていけば、自然と「使える英語」が身についていく。

 

では、「聞く・話す」能力はどのように磨けばいいだろうか?

聞く能力はシャドーイングで

英語を「聞く」能力、つまり「リスニング力」をつけるには、「シャドーイング練習」が最適なメニューだ。

 

シャドーイングというのは、英語の音声を聞きながら、自分もその英語を真似して発生する練習法だ。

注意点としては、リピーティングと間違いやすい点だろう。

リピーティングというのは、学校の英語の授業でやっていただろう練習で、英文を聞き終わってから、その英文を真似して繰り返す方法だ。

イメージとしては、このようになる。

 

リピーティングのイメージ

 

しかし、聞く能力をあげたいなら、リピーティングよりもシャドーイング練習をしたほうがいい。

シャドーイング練習とは、英文を聞き終わる前に、自分も続けて発生していく方法だ。

イメージとしては、このようになる。

 

シャドーイングのイメージ

 

シャドーイング練習の良いところは、ネイティブが発生した英語のすぐあとに真似をしてついていくので、ネイティブ独特のリズムや発音を真似しやすい点だ。

リピーティングの場合は、どうしてもリズム感や発音が独自のものに変化しやすい。

 

そしてシャドーイング練習をつむことによって、自然な英語の発音が上手になってくる。

この「英語の発音が上手になる」ことが、「英語を聞けるようになる」コツだといっていい。

 

英語というのは、自分で発音できない音は、聞き取れないようになっているのだ。

日本語でも同じだろう。

自分が知らない音を発音されても、それが何を意味しているか理解できないはずだ。

同じように、英語も、自分で理解して発音できる単語でない限り、その単語を聞いて理解できることはないのだ。

 

コツコツと、ネイティブの発音をシャドーイングしながら、英語の発音を自分の体に染み込ませていけば、自然とリスニング力も上がっていく。

話す能力は瞬間英作文で

次に、「話す」能力の鍛え方は、「瞬間英作」能力を鍛えることだ。

 

話すトレーニングに必要なのは、発音練習ではない。

必要な時に、必要な文章を組み立てられるかどうかだ。

とっさに英文を作成できず、どうしても発言できないということが「話せない」理由だ。

 

その際の英語は、簡単でシンプルな文でいいのだ。

難しいことは話さなくていいし、表現も、1パターン覚えればあとは必要ない。

とにかく、簡単な英文を瞬間的に話せるようになることが大切だ。

 

もっともメジャーな瞬間英作文のトレーニング教材は、これだ。

中学レベルの英文法を用いて、シンプルな文章を構成するのに役立つ。

 

簡単だからといって、心配する必要はない。

基本的な型の表現を覚えているだけで、自分の伝えたいことはほとんど伝えられるようになる。

あとは専門的な単語などをおさえるだけで効果があるだろう。

本格的に英語が使えるようになりたい人は

自己流ではなく、本格的に英語をトレーニングして自由自在に使えるようになりたいなら、集中して英語のトレーニングを受けてもいいかもしれない。

 

一度、使えるようになった英語は、メンテナンスをし続ければいつまでも使えるようになる。

もしメンテナンスをしなかったとしても、短期間勉強すれば取り戻せるようになる。

 

そんな使える英語能力を、今のうちに身につけてしまうのもいいだろう。

 

そんな人は、短期集中で英語コーチをつけて英語を身につけてしまおう。

少しずつコツコツ続けるのも大切だが、英語の上達には効率が悪く、また挫折もしやすい。

それなら、短期集中で英語を身につけてしまった方がいち早く他のことに集中できるようになる。

 

実績があり人気の英語コーチをつけるなら、「トライズ」がオススメだ。

トライズは、1年間集中して英語の勉強に取り組み、それを終えると使える英語が身についているという英語スクールだ。

使える英語が1年で身につくのだから、決して楽ではない。

しかし、継続率91%、満足率は96.9%という驚異の数字を叩き出すほどの内容だ。

 

そのスタイルを、自分の目で確かめてみるといいだろう。

初回カウンセリングは無料で受けられる。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

トライズなら、1年後のあなたは英語を自由に使えるようになっている。