これから先、ビジネスで英語は本当に必要なんだろうか?

 

将来のために英語を勉強したほうがいいとは思うけど、本当に必要になるだろうか。

いつか将来、今より翻訳機能が発達するから、外国語を学ぶ意味はなくなるという話も聞いたことがある。

英語を学ぶのは大変そうだし、必要がないのなら別のことに時間を使いたい。

 

将来、自分で英語を話さないといけないシーンなんて、あり得るのだろうか?

ビジネス英語の必要性について、本当のところを知りたい。

ビジネスで英語の必要性は本当にあるのか?

本当にビジネスで英語は必要になるのだろうか?

 

グローバル社会と言われて久しいが、そうかと言って、日常生活に英語が入り込んできた気配は感じられない。

 

そう、確かに、今でも日常生活の中では、英語はなくても問題なく生活できる。

いつもと変わらず、コンビニでも本屋でも買い物ができて、電車に乗るのも困らない。

 

しかし、ビジネスの世界ではどうだろうか?

実は、もうすでに、ビジネスの世界では英語ができて当然という状況にまでなりつつあるのだ。詳しい内容を見ていこう。

就職や昇進に英語は必要?

実はもうすでに、就職や昇進には英語力が欠かせない条件となっている会社が多く存在している。

 

周りを見回してみたら、案外あなたの周りの「新入社員」も、英語ができる人材だったりしないだろうか。つまりそれは、あなたの会社も、英語力を重視し始めているということにほかならない。

 

他にも、新卒採用ではTOEIC600点以上の基準を持つ会社は増えているし、IT技術者の求人などでも英語ができることは有利な就職に必須となりつつあるのだ。

また、昇進にTOEIC何点以上が必須といった条件がある会社も珍しくなくなってきた。

日本企業の中で英語が公用語?

さらに恐ろしいことに、日本企業の中でも「社内公用語」に英語を採用する会社が増えている。

 

例えば、全社員が参加する毎週月曜の朝会を英語で行うことで有名な楽天や、ファーストリテイリング(ユニクロ)や、日産自動車、武田薬品など、数多くの会社で英語を日常の中に取り込んでいる。

日本人同士が集まる会議の中で英語を使うのだから、最初は信じがたいかもしれないが、いたって本気なのだ。

二極化は進む?給与事情

収入格差についても考えてみよう。

 

昔なら、多くのサラリーマンの年収は300〜500万円程度で、その格差は大きくはなかった。

しかし今は、年収300万円以下の人と、年収800万円の人というように格差が広がっているのだ。今後もその年収格差は広がっていくと言われている。

その原因は様々だが、パートタイマーなどの非正規社員が増えたことや、単純作業には高賃金がもらえなくなったことなどがある。

 

そう、単純労働では高年収は期待できないのだ。

現代では、高い年収をもらいたかったら、「情報をいち早く入手し、創意工夫できるか」といった能力が必須になっている。

情報格差もどんどん進む?

さらに、情報格差もどんどん広がっていく。

 

いかに情報を早く集め、そしてそれを正確に理解分析し、新たなものへと転化していくか。これが今後のビジネス能力として非常に重視されていくのは間違いない。

 

言うまでもなく、世界のビジネスニュースは、ほぼ英語で配信されているのが現実だ。

例えば、加熱した「仮想通貨」も、当初は英語圏での小さな話題に過ぎなかった。

 

こうしたビジネスチャンスは、英語ができないと乗り遅れていく時代に突入したのだ。

 

世界で起こっている様々なニュースの中には、とても重要な内容でも、日本に入ってくるまでに「数日から数年」というタイムラグが生じているものも少なくないのだ。

 

こうした世界のニュースを知り、ビジネスチャンスを逃したく無いなら、あなたはもう英語を身につけるしかない時代を生きているのである。

 

英語ができる人と、英語ができない人、その情報格差はますます広がっていくばかりだ。

つまりそのことによって、給与格差もますます広がっていくのである。

英語ができると得られる利点は?

英語ができると様々な利点がある。それはこんな感じだ。

英語ができると得られる利点
  • 周りより早く情報を得られる
  • 昇進のチャンスが広がる
  • 昇給のチャンスが広がる
  • より希望にあった仕事に転職できるチャンスがある
  • モテる(かもしれない)

英語ができないとこうなるかもしれない?

英語ができると様々な利点があるが、逆に、英語ができないことは、将来的にはマイナスしかない。

英語ができないとこうなるかも!?
  • 誰にでも交換のきく単純労働しか与えてもらえなくなる
  • 給与が上がるどころか、下がる
  • 正社員ではなくなる
  • 英語ができるだけの新人に自分の希望の仕事を持っていかれる
  • 恋人や家族ともケンカが絶えない

現代のこどもたちは、小学生の頃から英語教育を受けている。英語に触れる機会も、学び方も変わった。彼らが大人になる頃、ますます英語は当たり前の世の中になっているだろう。

 

遠い未来だと思うだろうか?いや、そんなこともない。

 

あなたのビジネス人生、あと何年残っているだろうか?

 

果たしてその間、英語なしで生き残れるだろうか?

 

思い出してみてほしい。パソコンが使えない団塊世代の人たちを。

あの姿が自分の将来の姿になって、本当にいいんだろうか?

翻訳機能は将来、使えるようになるか?

翻訳機能は残念ながら、ある程度のクオリティまでは達するだろうが、肝心なところは翻訳機能にはまかせられないだろう。

 

話の内容が、タクシーの運転手あてに行き先を伝えたり、欲しい洋服の色を伝えるようなものであれば、翻訳機能でも十分だろう。

 

しかし、微妙なやりとりが発生するビジネスシーンではどうだろうか?

相手の細かいニュアンスや真意を翻訳機能が正確にとらえられるとは考え難い。

 

翻訳機能には、彼らの文化的背景までを推察する能力は無いということが重要なのだ。

 

そんな翻訳機能に、果たして重要なビジネスの話を託せるだろうか?

やはり、ビジネスを進める際は人間同士のフェイス-to-フェイスの交流に勝るものは無いのだ。それが取って代わられることは無いだろう。

ビジネスで英語は必要になるか?まとめ

英語は、将来のチャンスや自分の可能性を確実に広げてくれる。

グローバル社会は、じわじわと音も立てずに浸透してきている。気が付いた時には遅かったということになりかねない。

 

しかし、今なら間に合う。

 

今、始めればいいのだ。

 

そして、始めるなら早いほうがいい。

 

 

今から本気で英語を勉強すれば、英語ができない人でも、1年後には英語を使えるようになっていられる。

 

何から始めればいいか、わからないかもしれない。

でもそんな人でも大丈夫だ。

 

勉強の仕方もわからなくても、「確実に1年後には英語を話す」。まずは、そう決めてしまえばいい。

 

そこから、あなたの英語人生がスタートする。

 

その時、ひとりで勉強を始めると8割がた失敗してしまう。

もし、確実に1年後に英語を話したいなら、自分専用の英語コーチをつけるのが安全だ。

 

英語コーチをつけられたとしたら、あなたが挫折することはあり得なくなる。

 

あなたは、もう、1年後に英語がしゃべれる自分を手に入れたのと同じになるのだ。

 

まずは、自分専属の英語コーチがついてくれる「トライズ」に行ってみよう。

あなたは、そこから、英語が使える自分を手に入れることができる。

 

 

カウンセリングは無料で受けられるので、失うものはない。まずは行動してみよう。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

トライズに行けたら、あなたは1年後には、英語を使える人材になっていられる。