ビジネス英語を習得するには、勉強法にもコツがある。

 

なんといっても、ビジネスパーソンは毎日忙しい。ひたすら仕事や雑事に追われている。

そんな忙しい人が、ビジネス英語の習得を可能にするために必要なのは「根性」や「やる気」ではない。

 

仕事が忙しい人や、今すぐ英語を身につけたい人は次の内容をチェックしてみてほしい。

ビジネス英語を習得する勉強法

忙しい人がビジネス英語を身につけるなら、以下の内容は必ずおさえておきたい点だ。

ビジネス英語を習得する勉強法
  1. 目標を明確にする
  2. 自分に必要な学習内容を、効率よく学習する
  3. 学習計画、進捗を管理する
  4. 短期間で目標を達成する

それぞれについて、詳しくみていこう。

1)目標を明確にする

まず、自分がどんな状態になりたいのかを明確にしないと始まらない。

 

例えば、「1年後までには必ず、英語で自社製品を売り込めるプレゼンができるようになりたい」といったように、具体的に決める必要がある。

しかもそれは、「いつまでに」という期限も設けたほうがいい。

そして、その将来の自分像を具体的にイメージして、心に焼き付けよう。

 

具体的にイメージした自分像は言葉として紙に書き、できれば見えるところに貼っておくといい。

 

このときのイメージが、「なんとなくビジネス英語ができたらかっこいい」という内容では、あなたは1年たっても英語を身につけていることはないだろう。

2)自分に必要な学習内容を、効率よく学習する

自分のなりたい目標の姿が明確になったら、次は、それにあう最適な勉強法を組み立てよう。

 

まずは、「自分の英語力の現状」を正確に理解した上で、どの力をどのくらい勉強するかを決めていくことになる。TOEICなどの公式テストを受けると、自分の弱点や強みを客観的に把握することが可能なので、試してみてほしい。

 

自分にあった勉強法を組み立てることは難しいが、しかしここが最も大切でもある。

 

英語力を「読む、書く、聞く、話す」といった力に分解して考えてみる。

自分がなりたい目標の自分にとって、それらの力がどの程度必要になってくるか考えてみよう。

 

例えば、自分が必要な英語が英語でのプレゼンテーションに重点があるとすれば、「聞く、話す」を重点的に勉強し、「読む、書く」の力、特に「書く」に関してはあまり勉強する必要はない。(読む力が上がると、相対的に英語力が上がるので、読むことは有効な場合が多い)。

 

自分に必要な学習プランを組み立てて、あとはひたすら実践しよう。

3)学習計画、進捗を管理する

英語の勉強をするなら、必ず「学習計画」をたてて、それを振り返ることが重要だ。

 

振り返ることで、自分が進んでいる実感を持つこともできるし、学習法を修正する機会とすることもできる。

 

やる気があるときだけ勉強するといったスタイルでは、英語力は伸び悩むことになるのを理解しよう。

4)短期間で目標を達成する

ビジネス英語を身につけたいなら、できるだけ短期間に集中することが成功の秘訣だ。

 

ズルズルと勉強していると、あっという間に2〜3年過ぎ去ってしまう。

そしてそれは、あまり上達しないことが多い。

さらにまずいのは、そうした記憶と経験は、自分の中に「負け癖」までつくってしまう。

 

ビジネス英語は、短期集中で一気に努力して身につけてしまうのが一番いい。

確かにその時は、とてもつらい時間を過ごすこともあるだろう。しかし、それも短期間だけのことだ。

 

人生は長い。その長い人生のうちの短期間、英語にどっぷりつかって勉強した時間があってもいい。

そしてその時間を乗り越えたら、見違えるほどの英語力が身について、ワクワクするようなチャンスも待ち受けている。

 

さらにそこでは、「自分への圧倒的な自信」まで手に入れていることになる。

つらい時間を乗り越えて、目標を叶えることができた自分に、誇りを持つことになるだろう。

ビジネス英語の勉強法まとめ

もう一度、ビジネス英語を勉強する方法について、まとめてみよう。

ビジネス英語を習得する勉強法
  1. 目標を明確にする
  2. 自分に必要な学習内容を、効率よく学習する
  3. 学習計画、進捗を管理する
  4. 短期間で目標を達成する

これらの内容を実践してみよう。

 

また、これらの内容を自分で実践するのは自信がない人は、「トライズ」に行けば、すべて完璧にフォローしてくれる。

 

トライズなら、たった1年間で、あなたの満足するビジネス英語を身につけることができる。

 

カウンセリングは無料なので、一度行ってみるといいだろう。

トライズの公式サイトをチェックする

 

 

世界で輝いている「1年後の自分」に会いに行こう。