「英語を習得した社会人」が、実際に行っていたオススメ英語スクールはどこなのだろうか?

 

どうせ行くのであれば、きちんとした「成果」がでるスクールがいい。

できれば、「実際に仕事で使える英語力」など、確かな成果が出るスクールに通いたいところだ。

 

そして、その社会人たちが、実際にどんな勉強をどのくらいの期間していたのか、本当のところを知りたい。

 

ではこれから、過去実際に英語の上達を果たしてきた社会人の声を聞きながら、本当に英語の実力がつく英語スクールについてチェックしていこう。

社会人でも総合的な英語力がついた人たちの声

忙しい社会人で、実際に英語力が上がった人たちの声をきいてみよう。

1人目)英語で自由に会話できるレベルになった男性の声

自分ひとりで英語で自由に会話できたとしたら、どんなに素晴らしいだろう。

旅行も、出張も、外国人相手のカンファレンスも、全然怖くない。

そんな「自由」を手にした男性の声を聞いてみよう。

 

 

英語で自由に会話できるように!テストのスコアも飛躍的にアップした!

◆30代男性◆

 

このスクールに通ったことで、最終的にVersant(注)というテスト結果は、なんと50点という高得点(英語で自由に会話できるレベル)になりました!

(注)ヴァーサント. VERSANT®は、仕事で使える実践的な英語力を測るテストのこと。

国内外の大手グローバル企業で採用されている。

 

 

毎日3時間の学習を確保することも、担当コンサルタントと二人三脚で歩んでいくと、知らず知らずのうちに当たり前のものとなり、今では毎日英語に触れないと気持ち悪くなっています。

 

先日街を歩いていた時に外国人観光客から話しかけられたのですが、何のストレスもなく楽しく会話をしている自分がいました。 昔であれば、外国人の方を目の前にした途端に緊張して何も言えない状態でしたので、とても成長を感じました。

 

 

 

この男性は、あるスクールに通ったことで、Versant(ヴァーサント)という英語テストで50点をとるまでに英語力を上げている。

Versant50点というのは、TOEICでいうとおよそ750点ほどの点数になる。

 

テストのスコアが上がったのはもちろんだが、この男性の場合はそれだけでなく、街で歩いていた時に偶然話しかけられた外国人ともストレスなく楽しく会話ができるようになるなど、「実際のシーンで使える英語力」を身につけたことがわかる。

 

2人目)英語圏での生活に困らないレベルにまで英語レベルが上がった女性の声

次は女性の例だ。

この女性は、このスクールに通ったことで、英語圏での日常生活に困らないレベルにまで英語を上達させている。

では、女性の声を聞いてみよう。

 

 

「英語圏での日常生活に困らないレベル」に!

◆30代女性◆

 

週2回のSKYPEレッスン、週1回のグループレッスン、毎日のレポート提出、2週間に1回の小テスト、月1回のVERSANT…ここでは学習時間を厳しく管理されるのでやらざるをえないのが最大のポイントです。
一人ではよほど意思が強くないと無理な話ですが、コンサルタントさんやネイティブの講師が二人三脚でフォローしてくれるので意思が弱い私でも続いているのだと思います。

 

私は小さな子供がいて働いているので、自由な時間があまりないので、主な勉強時間は往復2時間の通勤時間や昼休み、朝家族が起きるまでの時間です。

まとまった時間が取れなくても10分、15分といった隙間時間をうまく使いながら勉強時間を確保しています。

 

この女性は、働きながら小さな子供を育てるような時間の無い状況の中、隙間時間を活用して英語学習に取り組んだようだ。

その結果、英語圏で暮らしても困らない英語力を短期間のうちに身につけることができたのだ。

 

3人目)英語のプロとして働けるレベルまで英語力が上がった男性の声

そして次は、なんと英語のプロとして働けるレベルまで英語力があがった男性の声を聞いてみよう。

 

 

「英語圏での日常生活に困らないレベル」に!

◆50代男性◆

 

プライベートコンサルタントがつき、日々学習時間の管理やアドバイスをいただけること、

英語の映画教材を使いヒヤリングやシャドーイングの自己学習を毎日行うこと、

少人数のグループレッスンのほか、Skypeによる週2回の先生との1対1の英会話、

2週間おきの小テストのほか、月に1度のVERSANTのテストが受けられることは、他の教室と大きく異なる優れた点だと思います。

 

日々の自己学習の時間確保が課題ですので、時間の有効活用への意識がより高まりました。

早寝早起きで朝の時間を有効に使い、通勤時間や細切れの時間も活用して学習時間が確保できると満足感があります。

 

 

この男性が言うには、このスクールのカリキュラムは非常に他と比べても優れていると感じていて、さらに英語の勉強を続けることによって時間の有効活用への意識が高まったと証言している。

ハードな学習だが、自分だけのコンサルタントがフォローしてくれるために頑張り抜くことができるという。

 

4人目)英語圏で暮らせるレベルにまで英語レベルが上がった女性の声

 

私のレベルや性格にあわせて教えてくれる!

◆40代女性◆

 

このスクールでは、学習の時間を厳しく管理されます。

先生やトレーナーの方々が、私のレベルや性格に合わせしっかりと学べるよう考えてくれてるのが評価できますし、ちゃんと効果が出るように導いていただけるので、とても安心して学ぶことができました!

Versantテスト結果は、最初は20点代→最終的には49点でした!

 

 

この女性は、働きながら英語を学び、「Versant」という英語テストで、49点をとっている。

Versantは45点以上で「英語圏で暮らせるレベル」となる。

 

TOEICスコアに換算すると、だいたい400点前半から750点くらいまでのアップといったイメージだ。

つまり、TOEICスコアでいうと350点もアップしていることになる。

 

 

 

これらの人たちは、すべて同じ英語スクールに通っていた。

このように確実に成果を上げてくれるスクールというのは、一体どこなんだろうか?

 

まずは、彼らがそこで、どんな学習をしていたかチェックしてみよう。

実際にどんな学習をしていたか?

彼らは、通ったスクールで、一体どんな学習をしていたのだろうか?

 

彼らは、1年間集中して英語学習に取り組んだだけで、「使える英語」を身につけることができた。

 

ただし、それはただの1年間ではない。

計算されつくした1年間だ。

 

最初に現状の英語力を診断し、彼らにあった最適のカリキュラムが作成されることになる。

その学習を毎日3時間程度行うことになるが、専属コーチが毎日フォローしてくれるので頼もしい。

 

彼らが行っていた具体的な学習のイメージはこうだ。

【スピーキング】(週5回:約5時間)

【シャドーイング】(週5回:約10時間)

【レッスンの予習・復習】(週6回:約5時間30分)

【ネイティヴ講師とのマンツーマンSkypeレッスン 】(週2回:約1時間)

【少人数グループレッスン 】(週1回:約1時間)

【英会話テスト「Versant」実施 】(月1回)

【学習の進捗度チェック 】(2週に1回)

こうした内容を「1年間」続けてきたのだ。

 

かなりハードな学習を行っているが、実はこのスクールに入れば、忙しくて時間がない人や、自分に甘い人たちが継続して英語学習をするようになる。

学習継続率は91%、満足度は96.9%という驚異的な数字だ。

通っていた英会話スクールはどこ?

最初の男性も、この女性も、同じ英会話スクールに通っていた。

「確実に使える英語力を身に付けたい」という社会人にとても人気のおすすめスクールだ。

 

その実力派スクールは、「トライズ」だ。

 

トライズは、「楽ではないから成果が出る」というキャッチフレーズの本格英会話スクールだ。

トライズの特徴は、なんといっても自分専属のトレーナーがついてくれること。

専属トレーナーが「あなたの実力」と「目標」をしっかりと把握してくれて、適切なカリキュラムを組んでフォローしてくれるのだ。

 

1年間をかけて、総合的に使える英語を自分のものにすることができる。

受講者の満足度96.9%、継続率91%を誇る実力派だ。

さらに、30日間全額返金保証制度もあるので、安心して入会できるのも嬉しい。

 

あなたも、1年後には英語を身につけていたいなら、無料のカウンセリングに行ってみよう。

トライズの公式サイトをチェックする